このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleは12月16日(米国時間)、「Mac App Store」を1月6日に日本を含む90カ国でオープンすることを発表した。

macappstore

「Mac App Store」はiPhoneやiPad向けに提供されているApp StoreのMac版。iTunesアカウントを利用して、アプリケーションを購入することができる。
スティーブ・ジョブズは「Mac App Store」に関して以下のように述べている。

「App Storeはモバイルアプリケーションに革新をもたらしました。それと同じことをMac App Storeによりパーソナルコンピュータの環境でも実現し、パソコン用アプリケーションの購入が簡単で楽しくなるのを望んでいます。1月6日のオープンが待ちきれない思いです」

カテゴリは教育・ゲーム・グラフィック&デザイン・ライフスタイル・仕事効率化・ユーティリティが用意される予定で、人気アプリや、注目のアプリ、ユーザ評価などを確認することができる。
また、ダウンロードからインストールまでワンクリックで行えるのが特徴で、アップデートに関しても一斉に行うことができる。使い勝手は、iPhoneのApp Storeと同様と考えて良さそうだ。

アプリの開発者は、年間参加費10,800円の「Mac Developer Program」に参加する必要がある。有料アプリの場合は30%の手数料、無料アプロケーションは手数料なしで利用することができる。クレジットカードの手数料は発生しない。「Mac Developer Program」で詳細が確認できる。

iPhoneやiPadのアプリのように、Macのアプリケーションを購入できるようになるのは便利かもしれない。Mac専用のアプリストアになる点もMacユーザーには嬉しいポイントになるだろう。
アプリ開発者にとっても、90カ国でアプリを容易に販売できるようになる点は、海外展開を図るうえで新たな道が切り開かれたと言えるだろう。オープンが楽しみだ。


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
カーマイン・ガロ
日経BP社
売り上げランキング: 90

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly