TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

2011年09月

ソニー、「Reader」の3G+Wi-Fi対応の新モデルを発表 -- 楽天のRabooや紀伊國屋書店BookWebにも対応予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーの電子書籍端末「Reader」の新モデルが9月29日発表された。あらたに通信機能を搭載し、3G+Wi-Fiモデル「PRS-G1」を11月25日から、Wi-Fiモデル「PRS-T1」を10月20日から発売する。

reader

なんといっても今回の大きなポイントは通信機能を搭載したことだろう。いままではPCで書籍を購入し、端末に転送する必要があったが、これからは「Reader」から直接購入することが可能になり、いつでも読みたい書籍をダウンロードして読むことができるようになる。
これでようやく最低限の要件を満たしたといえるだろう。

辞書にあらたに「大辞林」を追加。Macにも対応


「PRS-T1」の重さは世界最軽量となる約168g(従来比約47g減)、「PRS-G1」は約185g(従来比30g減)と軽量化されており、2GBの内蔵メモリとmicroSDHCカードスロットを搭載する。
辞書機能に新たに「大辞林 」が加わり、従来からある英和辞典(ジーニアス英和辞典 第四版)、英英辞典(New Oxford American Dictionary, Second Edition)と合わせて3冊の辞書が搭載された。
いままでWIndowsのみをサポートしていた端末への転送ソフト「eBook Transfer for Reader Ver. 2.0」が、新たにMac OSにも対応した。続きを読む

Amazon、「Kindle FIre」を発表 -- 完全にKindleに最適化したタブレット端末

このエントリーをはてなブックマークに追加
米Amazonは、Androidベースのタブレット端末「Kindle FIre」を発表した。サイズは7インチで199ドルで販売する。発売日は11月15日で現在は米国への発送のみ対応する。その他にも、タッチ認識を搭載した「Kindle Touch」を99ドルから、従来モデルからキーボードがなくなった形の新「Kindle」を79ドルから、という攻撃的な価格設定で他社の追随を許さないラインナップを揃えた。

kindle

今回の発表の目玉は噂の絶えなかったタブレット端末「Kindle Fire」だったことは間違いないが、それよりも印象的だったのは、他社を一気に突き放しにかかったようにみえるところだ。

他社ではすでに対応済みのタッチ認識への対応、利用者を拡大するためのローエンドモデルが79ドルという価格設定、そして書籍、動画、音楽を楽しめるマルチメディア端末としての「Kindle FIre」と、いままでの隙間をすべて埋めるかのようなラインナップだ。続きを読む

アップル、iPhone5イベントを10月4日に開催 -- 気になる特徴は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
The Loopが伝えたところによると、アップルが正式にiPhone5イベントを発表したようだ。イベントは10月4日10時(日本時間:5日午前2時)からで、クパチーノにあるApple本社で開催される。
メディアに送付した招待状には「Let's Talk iPhone」と記載されており、iPhoneのイベントであることは間違いない模様。

apple

ジョブズに代わって誰がプレゼンするのかが注目されるが、AllThingsDはティム・クックがプレゼンを行うだろうと伝えている。

イベントの目玉は「秘書」機能?


イベントの目玉としては、「音声コントロール 」(Voice Control)」を進化させた、「アシスタント(Assistant)」という機能が発表されるのではないかと伝えられており、「Let's Talk iPhone」はそれを意味しているのではないかと予想されている。続きを読む

「TSUTAYA GALAPAGOS」からTSUTAYAが脱退

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日の記事の最後にボソッと書いたことが早くも現実になってしまった。「TSUTAYA GALAPAGOS」からTSUTAYAが脱退してしまったのだ。

tsutaya

「株式会社TSUTAYA GALAPAGOS」は、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が保有する同社株式の全数をシャープが買い取ることで、9月30日をもってシャープの子会社となる。

これは、コンテンツストア事業に関し、CCCとシャープの業務提携を解消することに伴うもので、シャープの子会社化に伴い、社名を「株式会社GALAPAGOS NETWORKS」に変更し、電子ブックストアサービスの名称を「TSUTAYA GALAPAGOS」から「GALAPAGOS STORE」にリニューアルする。続きを読む

ソフトバンクのたった一つの切り札

このエントリーをはてなブックマークに追加
KDDIがiPhoneを発売することを各社が報じている。日本経済新聞にいたっては、かなり断定的に報じており、KDDIがなにか間違わなければこのまま発売されることが濃厚だ。

ede7ed1d-s

この報道がされてから、ソフトバンクの株価は20%程度下落し、マーケットは素直に反応を示した。iPhoneを全面的に押し出してきたこともあり、インパクトも大きく映るのも無理はない。

「契約数増」×「スマートフォンによるトラフィック増」のダブルパンチにより、回線品質の低下も著しい。私はiPhone3Gが発売された頃から使用しているが、確かに最近つながりなったと感じている。致命的なほどに。続きを読む

これからは副業を認める柔軟性のある会社が優遇される時代へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、ノマドというキーワードで自由な働き方が注目されつつある。これに関して「社員 vs ノマド」というような形で極端な形で議論されることが多い。おそらく、この背景には「自由な働き形」=「社員として本業に専念するか、会社を辞めて独立するかの二者択一」という現実があるのではないだろうか。

office

そんな中、こんな記事を紹介したい。以下は小説家を目指すケースに関する記述だ。

社員も仕事を掛け持ちする時代 : アジア+ノマド。

多くの会社は、週に5日みっちり働くことが当たり前になっている。
おまけに殆どの会社は、副業を禁止している。

会社で働くか、小説を書くか、どちから一方だけを選択することを迫っているのだ。
そして、どちらか一本で勝負することがよしとされ、どこかで「会社を辞める決断」をするということになる。

このように、極端な決断を迫られるケースは多い。将来を見据えて取り組みたいことが見えてきたとしても、会社に働きながらでは実現が困難であることが多いのだ。
私自身も、自分が取り組みたいことをするために会社をやめたのだが、会社に働きながらでは拘束力が強すぎて困難と判断した。
会社を辞めてしまうというのは、結構ハイリスクではあるし、なかなか万人に勧められることではない。やはり、副業もしくは将来のための勉強をする時間を本業以外にしっかりとれることが多くの人にとっては望ましいだろう。会社に所属しているからこそできるスケールの仕事もあるので、やめたくない人も多いだろう。続きを読む

ソニー、電子書籍端末「Reader」を発売時より1万円の値下げに

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーは、電子書籍端末「Reader」2機種のソニーストアでの販売価格を、発売時の価格より最大1万円安い大幅な値下げを行った。6型の「Touch Edition PRS-650」が1万4800円、5型の「Pocket Edition PRS-350」が1万2800円となり、底値ともいえそうな価格になった。

sonyreader

「Reader」は2010年12月10日に発売されており、そろそろ1年を迎えようとしている。発売時には6型が2万4800円、5型が1万9800円だったため。6型に関しては1万円の値下げされたことになる。
そろそろ新製品が出てもおかしくないところだが、つい先日となる8月31日に海外モデルとして新製品「Sony Reader PRS-T1」を発表している。この製品は、タッチスクリーンの機能が向上し、Wi-FI機能を備える。
発表時の販売国に日本は含まれていないが、もしかしたら同スペックのモデルが近々日本でも発表されるのかもしれない。続きを読む

JR大阪駅の水時計がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加
JR大阪駅にある水時計を撮影したYouTubeの動画が国内や海外で話題になっているようだ。上部から噴出する水を制御して、落下する水滴で時間や文字、絵柄を表現している。これがまたなんとも精巧なのだ。

water

JR大阪駅は2004年から行われていた大規模な改修が完了し、「大阪ステーションシティ」が2011年5月4日にグランドオープンしたが、この水時計は3月16日に一足早くオープンした、サウスゲートビルディング1Fの南ゲート広場にある。続きを読む

シャープ、「GALAPAGOS」の販売を9月末で終了 -- わずか10ヶ月の販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャープは9月15日、同社が展開していた多機能端末「GALAPAGOS」の2機種の販売を9月末で終了することを発表した。Android端末向けにも提供されている電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」は引き続きサービスを継続する。

galapagos

販売を終了するのは「5.5型モバイルモデルのEB-W51GJ」と「10.8型ホームモデルのEB-WX1GJ」の2機種。関連商品の販売も同時に終了する。

購入してない私でさえ、軽く目眩のするニュースだ。「GALAPAGOS」は昨年の12月10日に発売されたばかりで、1年を持たずに撤退する形となった。売上不振などが販売終了の要因とみられる。
保守やメンテナンスなどは引き続き対応するとのことだが、おそらくOSのバージョンアップなどは期待できないため、購入した人にとってはかなり残念なニュースだ。続きを読む

USTREAM、無料で有料番組配信などが可能になる会員サービス「プレミアムメンバー」を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ustream Asiaは9月14日、5つの機能が利用可能になる月額315円の有料会員サービス「プレミアムメンバー」を開始したことを発表した。

ustream

利用可能になるサービスは以下の5つの機能だ。続きを読む

プレステ携帯「Xperia Play」発表、NTTドコモから10月26日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモは9月14日、スライド式のゲーム用キーパッドを搭載したAndroid端末「Xperia PLAY SO-01D」を発表した。
「Xperia PLAY」は、初代「プレイステーション」などのゲームをPlayStation Storeからダウンロードして遊ぶことができる。発売は10月中旬以降を予定している。
※10月19日追記:10月26日に発売と正式発表。

xperia

プレステ携帯とも呼ばる「Xperia Play」は7カ月前にソニー・エリクソンから発表された製品で、日本でもドコモからの発売の噂が以前からあったが、ようやく発表された格好だ。
米国では、後継機にあたる「Xperia PLAY 4G」がAT&Tから9月18日に発売されることが発表されているため、タイミングがだいぶずれてしまった印象がある。続きを読む

ソーシャルゲームから学ぶべき6つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
GREEの好調が連日取りざたされている。
8月下旬にリリースされたGREE向け探検ゲーム「探検ドリランド」は、App Storeのセールスランキングで1位を獲得し、「売上1年分は数百万本クラスのコンソールゲームに匹敵する」とGREEの土田氏はCEDEC 2011で語り、好調ぶりを示した。

doriland

同イベントでGREEの岸田氏は「細かなゲームバランスよりも,課金機会の演出,効果の演出のほうが大事」と発言したことで、ネット上で物議をかもすなどして話題になっている。

[CEDEC 2011]稼げるゲームはこう作れ。グリーが明かす「セールスランキングNo.1プロダクトの作り方」

ソーシャルゲームは「ゲームじゃない」と突き放す意見もあるが、ここまで好調な理由はどこにあるのだろうか。
私自身はゲーム開発者でもなんでもなく、そこそこのプレイヤーでしかないが、ソーシャルゲームから学ぶべき6つのポイントを考えてみたので、メモ的にエントリーする。

1.1日にプレイできる量が限られている


大抵のソーシャルゲームは、1日にプレイできる量が限られている。「ドリランド」の場合、スタミナゲージがなくなればしばらく遊ぶことができなくなり、時間によるスタミナの回復をまたなくてはならない。すぐにゲームを続けたい場合は、有料のスタミナ回復アイテムを購入する必要がある。

つまり、無料でプレイする限りゲーム進行速度が抑制されることになり、1日中プレイして一気にゲームを進めるといったことができない。超えられない時間の壁が発生することになる。
これは「短時間しか遊べない物足りなさ」も生み出し、飽きにくくする効果もある。続きを読む

mixiが進むべき方向性は「コミュニティの強化」なのでは

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiページが8月31日にリリースされて2日間ほどで8万以上のmixiページが作成されたようだ。日本では圧倒的なシェアを誇るSNSだけあり、出だしは好調といったところだが、このmixiページの成否によってmixiの今後の方向性も大きく変わっていきそうな予感がしている。

mixi

mixiページが新設されたことによる1番の変化は、オープン化への第一歩を踏み出したところだろうか。いままではmixiへのいかなるアクセスもログインが必要だったが、mixiページの登場により「ログインなしで閲覧できるエリア」が新設され、検索サイトからの流入が期待できるようになった。「mixiページを作るべきか?」という質問はしばらく活発にかわされるだろう。そんな中、以下の記事が話題になっている。

このままじゃmixiページはダメかもしれない(night and sundial)

私もかねてからmixiに物足りないと感じているのは「伝播する仕組み」がいまいちなことだ。Twitterは広く浅い伝播性、Facebookは狭く深い伝播性を持っていることをこのブログの運営を通して実感しているところだが、mixiではそのような感触は得られていない。
Twitterでいうタイムライン、Facebookでいうウォールのシンプルな情報取得手段と、リストやRT、エッジランクという取得対象の差別化の仕組みがmixiにはない。この点はmixiページを盛り上げる上で課題となってくるだろう。
しかし、素直にmixiが対応したとしてもFacebook化が進むだけなので、mixiも独自のアプローチが求められるところであり、簡単に解決できる課題ではない。続きを読む

動画配信サービス「Hulu」が日本でサービスを開始、あらゆるデバイスで視聴可能で初月無料

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画配信サービス「Hulu(フールー)」が9月1日より日本でサービスを開始した。月額1480円で映画や「24」「LOST」などの海外ドラマが視聴できる。初月はトライアルとして無料で全てのコンテンツが視聴可能だ。

hulu

「Hulu」はいままで米国のみで提供されていたサービスだが、海外には日本が初進出となる。日本進出にあたり、CBS、NBC、20世紀FOX、ワーナー・ブラザース、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーなどの大手スタジオ、テレビ局と契約した。

現在はドラマが33タイトル、映画は192タイトルを視聴できるが、ドラマの充実ぶりが目立つ。「24」「LOST」などの人気タイトルがラインナップされており、海外ドラマ好きにはたまらないサービスとなりそうだ。ドラマがここまで充実したサービスは日本ではほかにないのではないだろうか。
映画は「スパイダーマン」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの人気タイトルも並んでいるが、物足りなさはいなめない感じだ。
今後は「日本をはじめ、アジアのコンテンツも配信していく予定」とのことなので、期待が高まる。続きを読む

ソニーが発表した3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」は家庭での3D普及の突破口になるかも

このエントリーをはてなブックマークに追加
実は先日「3Dは永遠に家庭に普及することはないのではないか」という記事を書こうとして書かずにいたのだが、8月31日にソニーが発表した商品を見ると「この商品が家庭での3D普及の突破口になるのでは」と思わされた。というか普及するとしたらこれしかないのではないだろうか。

sony

その商品とは、3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」だ。

私が「3Dは永遠に家庭に普及しない」と考えていた理由は、一般の家庭では3D視聴に必要な要素を揃えることが難しいからだ。
2Dではなく、わざわざ3Dで視聴する醍醐味は、なんといっても「臨場感」や「没入感」を感じられることが大きい。というかそれが味わえないと意味がなく、疲れるだけだ。この2つの要素を満たすためには、「視界いっぱいに広がる大画面」と「画面以外が気にならない環境」が必要だ。この2つを一般家庭で満たすのは難しい。

しかし、ソニーが発表した「HMZ-T1」なら、簡単にそれを実現できそうだ。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net