TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

2011年11月

渋谷にオープンするクリエイターのためのコワーキングスペース「co-ba」に入居します

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月1日にオープンするクリエイターのためのコワーキングスペース「co-ba」に来月から入居することにしました。場所は渋谷の新南口から徒歩2分ほどのところにあります。
昨年の3月に独立してから、亀戸の自宅に引きこもって仕事をしてきましたが、12月からは渋谷に拠点を移して活動しますこの記事は前振りが長くてだらだらと書いてしまいましたが、入居することにした理由なども書いてるので、時間のあるときに読んでみてください。

coba01

フリーになってから1年半ほど経過したわけですが、ここ最近体がなまりすぎて悲鳴をあげております。というのも、会社員時代には唯一の運動となっていた「通勤」がなくなり、究極の節約生活にするべく昼は「自炊」という感じで、「打ち合わせ」という名目がなければ全く外出しないというありさまで、運動不足やら日の光を浴びてないやらで体がおかしくなってきました。
このままじゃいかんということで、今月からジムに通うことにしたわけですが、運動不足以外にもいろいろと改善したいことが出てきて、そんなときに目にはいったのが「co-ba」だったわけです。続きを読む

ニコニコ動画が映画配信サービスを開始、 おしゃべりOKな新しい映画視聴スタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ニワンゴは11月14日、同社が運営する「ニコニコ動画」でハリウッド映画などを配信する、映画カテゴリを新たに開設した。公開時は「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」などワーナー・ブラザース作品100タイトルを揃える。ニコニコ動画のインターフェースで視聴可能で、映画を見ながらコメントを読んだり書き込んだりすることができる。
さらに、映画を決められた時間に配信する「ニコニコ映画上映会」も発表した。

niconico

ニコニコ動画が映画配信を開始した。配信は都度課金型のVOD(Video On Demand)と、購入すると無期限で視聴できるEST(Electric Sell Through)の2つの形式を用意。
視聴料金は、VODは新作400円、旧作300円、ESTは1,000円で提供され、ダウンロード形式ではなく、都度ニコニコ動画に訪問して視聴する形となる。続きを読む

「Google+ ページ」がスタート、Google+に企業やブランドなどがページを開設可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleは11月7日(米国時間)、企業やブランドなどがページを開設できるGoogle+版Facebookページ「Google+ ページ」を公開した。

googleplus

Google+は企業のアカウント開設を認めておらず、あくまで個人の利用に限られていたが、「Google+ ページ」によって企業やブランドなどがGoogle+上にページを開設できるようになる。
ユーザーは企業の「Google+ ページ」の左側にある「+1」ボタンを押すことでファン登録され、サークルでフォローすることも可能だ。

企業側はサークル機能を利用してファンを性別や年齢層、好みなどで分類が可能で、情報配信などをターゲットにあわせて行うことができる。「ハングアウト機能(ビデオチャット)」を利用して9人までのファンと交流ができ、その模様をYouTubeで生中継することができるようになるようだ。続きを読む

「株式会社ライブドア」年内で消滅へ、社名を「株式会社データホテル」に

このエントリーをはてなブックマークに追加
どうやら「株式会社ライブドア」が年内でなくなることになるようだ。ライブドアは11月7日、ポータルサイト運営事業をNHN Japan株式会社に継承し、データセンター・ネットワーク関連事業に特化した会社として2012年1月1日より「株式会社データホテル」へと名称変更することを発表した。

logo_livedoor

この動きはNHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアの3社の経営統合によるもので、ライブドアは事業の二本柱のひとつであるポータルサイト事業をNHN Japanに継承し、もう1つの柱の事業であった法人向けのデータセンター運営事業「データホテル」に特化することになり、社名を「株式会社データホテル」へと変更する。
ライブドアは2010年4月12日にNHN Japanによって買収されたが、株式会社ライブドアはそのまま継続して運営されていた。続きを読む

Twitterにまつわる様々なエピソードが掲載されるメディア「Twitterストーリー」が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter社は、世界中から寄せられたTwitterにまつわる様々なエピソードを紹介する新しいメディア「Twitterストーリー」を公開した。9カ国語に対応しており、日本語でも閲覧することができる。

twitter

現在トップストーリーとして掲載されているのが、倒産の危機にあった書店が息子の1つのツイートにより救われたという話だ。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net