TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

2011年12月

自分の仕事を見つけるということ

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんはいまの仕事が「自分にとって最良の仕事である」と断言することができるだろうか。そもそも「最良な仕事ってどうやって判断するの?」という疑問が湧くかもしれない。
当然のことながら、人によって「最良な仕事」の条件は違うので、「こうあるべきだ」と言えるものではない。しかし、より人生を楽しくためには、仕事を充実させることが不可欠になるだろう。
今回は「自分の仕事を見つける」ということについて考えていく。

deskwork

最近、時代の変化に即した新しい働き方に注目が集まっている。特に最近は環境が充実してきたことで、小さい資本で起業したり、フリーで活動したりと、アイデアさえあればそれを実行に移すことが容易になってきている。
しかし、焦点が当たりがちな「働き方」自体は手段に過ぎず、何を自分の仕事にしていきたいのか、仕事を通して何を実現していきたいのかが重要で、その上でどのような仕事や働き方が最適であるかを考えていくべきである。続きを読む

mixiはもはや「人」が軸のSNSではなくなりつつある

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんは現在mixiを使っているだろうか。「一体誰がmixiを使っているのだろう?」と疑問に感じてしまうぐらい、私の周りでは「mixiはたまにログインするぐらいでほとんど使ってない」という声が多く聞こえてくる。

mixi

40人ほどいる私のマイミクも、「日記」を更新する人は月に2、3人いればいい方で、大半が「mixiボイス」しか更新していない。先日話題になったmixiの訪問者減のニュースに関しても「実感に近い」といった反応を示すユーザーが多くみられた。

しかしながら、mixiの月間アクティブユーザーが1500万人であるのに対して、Facebookは500万人と依然として日本最大のSNSである状況に変わりない。
それでは、なぜこのような感覚のギャップが生まれているのだろうか。もちろん私自身がmixiのコアユーザー層から大きく外れているであろうことは考慮する必要があるが、私は以下の3つの可能性があると考えている。

  1. FacebookやTwitterにユーザーが流れている
  2. 学生しか使ってない
  3. ログインしかしない人と、コアユーザーの2極化が進んでいる

この3点に関して詳しく説明していく。続きを読む

「Mashup Awards 7」授賞式レポート -- 最優秀賞はKinectを利用したアプリ「ミブリ・テブリ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年12月11日に「Mashup Awards 7」の授賞式が開催された。Mashup AwardsはWeb APIや最新プラットフォームを活用したオリジナルの作品を開発・披露して、 少し未来のWeb体験を提案するコンテストで、今回は500作品の応募が集まった。
この日は、最優秀賞を競って行われる、「Mashup Battle Final Stage」が行われ、ファイナリストに勝ち残ったノミネート5作品の作者によるプレゼンテーションバトルが行われた。

00

この日のプレゼンテーションは特設のリング上で行われ、制限時間をゴングで知らせるなど、凝った演出の中で最終審査まで勝ち残った5作品によるプレゼンテーションが行われた。
最優秀賞には、Kinectを利用して◯×クイズが遊べる「ミブリ・テブリ - QUIZ kinect -」が選ばれ、賞金として100万円が贈られた。

その5作品を下記に紹介していこう。続きを読む

YouTubeが日本で映画配信を開始、ハリウッド映画や国内作品を200本以上有料配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeは12月1日より、ハリウッド映画や国内映画をレンタル視聴できる、有料の映画配信を日本向けに開始した。

youtube

国内の作品では、東映とバンダイチャンネルが提供する映画やアニメ、ハリウッド作品ではソニー・ピクチャーズ、ユニバーサル、ワーナー・ブラザースが提供する映画が200本以上公開中だ。

視聴料金は新作が400円、旧作が300円で、一部無料の作品も配信する。再生を開始してから、作品によって24 時間から72 時間でレンタル期間が終了し、その期間内であれば何度でも視聴できる。Google Wallet(旧Google Checkout)を利用する。続きを読む

ドコモから次世代型iPhone、iPadが夏に発売? 不可解な3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
日経ビジネスオンラインはスクープとして、ドコモが来年夏にiPhoneとiPadの次世代機を販売することでアップルと基本合意に達したことを報じた。
基本合意ということなので、これから販売数量などの本格的な条件交渉がはじまる模様だ。記事中では、AppleがLTEに対応させることをドコモに要求し、ドコモがこれに応じたとしている。
追記:ドコモがこの報道を否定する発表を行っています。弊社に関する一部報道について(ドコモ)

iPhonedocomo

日経ビジネスオンラインからスクープが出るのはKDDIの時と同じパターンで、執筆者も同じだ。この点からいえば、信ぴょう性が高いと言えそうだが、不可解な面もある。以下に3つのポイントを紹介する。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net