TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

2012年02月

イベントの価値は同じテーマで語りあうことでかけがえのないものになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近参加して満足度が高かったイベントには共通点がある。それは、イベントのテーマを元にした少人数グループによる意見交換の時間が設けられていたことだ。

group

セミナーで登壇者のプレゼンを聞いてそのまま帰るケースもあれば、複数人と名刺交換しながら、共通の話題を少し話して帰ることが多い。
しかし、せっかく共通のテーマに関心がある人たちが集まっているのにそのまま帰ってしまうのは勿体無い。名刺交換しながら意見交換したとしても、当たり障りのない会話で終始してしまうことも多いだろう。続きを読む

20歳の頃の私に伝えたい1つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
私は現在34歳だが、私がいま20歳の頃の自分に1つ何かを伝えるとしたら一体何を伝えるだろうか。恐らく私はこう伝えるだろう。

「登るべき山をイメージし続けることを怠るな」

mountain

私は20歳の頃からウェブ業界で仕事をしているが、ただひたすら目の前の仕事に取り組み、必要なスキルを若干先取りすることを意識しながら身につける毎日を送ってきた。
20代の頃は、将来的に自分が「どんなことをやりたいか」ということはあまり考えずに、ウェブ制作において「よりよい仕事」をするための勉強をひたすら繰り返していた。もちろん自分の強みを意識していたし、重点的に磨いていたスキルはあった。続きを読む

これからは自分の消費行動で「誰を幸せにしたいか」を考えるべきかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバリゼーションが及ぼす私たちへの影響について考え、それに備えるのは大切なことである。この流れはまだ止まることはないし、今後も世界的なスケールでの変化を及ぼしていくだろう。
しかし、グローバリゼーションが行き着いた先にはどんな世界が待っているのだろうか。このテーマは私にとって重要なテーマと考えており、今後追い続けたいものである。今回はそのとっかかりとなるものである。

shutter

グローバリゼーションは私たちに多くの選択肢を与えてくれた。情報によってもたらされた恩恵も計り知れない。世の中はどんどん便利になっていき、いまでは世界中の情報にアクセスしたり、製品を使ったりすることが低コストで当たり前にできるようになった。続きを読む

私がブログを書くうえで大事にしている5つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
TECH SE7ENは2010年3月に個人メディアとして立ち上げ、もうすぐで3年目を迎えようとしています。今回は私がブログを書く上で大切にしていることを5つまとめました。

keyboard
続きを読む

1度目の独立を1年で辞めてしまった理由とその教訓

このエントリーをはてなブックマークに追加
私は現在フリーランスとして、会社に属さない働き方をしている。独立したのは32歳の頃で、職業はウェブクリエイターとブロガーとして活動している。独立してからは2年目で企業には10年ほど所属していた。
実は独立したのは今回が2度目の経験である。「なぜ1度目の独立を1年で辞めてしまったのか」、もしかしたら皆さんの参考になるのでそれを紹介したい。

desk

1度目の独立をしたのは24歳の頃、社会人を4年ほど経験したときである。その頃はウェブデザイナーの数も少なかったし、フラッシャー(Flash制作者)もかなり貴重な存在としてもてはやされていた。
正直、ある程度のスキルがあればいろいろな引き合いがあり、収入も年齢にしては十分すぎるほど得ていた。順風満帆と言ってもいいぐらいだった。続きを読む

自分で選ぶTECH SE7EN過去記事トップ5 #ブロガソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
本日は「The Startup」の梅木雄平さんの企画で、1日中黙々とブログを書くハッカソンになぞらえた「ブロガソン」というイベントで記事を公開していきます。最初のお題は「自分的過去ログtop5」です。

logo

TECH SE7ENは2010年3月から約2年ほど続けてきました。現在の投稿数は357記事で、この中から5本だけということでなかなか難しいのですが、このランキングはアクセス数とかは一切関係なく、“いま”想い入れの強い記事をピックアップしています。続きを読む

人は自分を正当化する為に批判する

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人は自分を正当化するために他を批判するものである。」これは自分の行動や理論に矛盾が生じたときに、他を批判して自分を正当化しようとする行為を指す。
「矛盾が生じたときに」というのがポイントで、この時に行う批判は都合のよい情報を並べ、事実を膨張させたり、無関係の話を持ってくるなど、半ばでっち上げのような状態になることがある。自分がそのような思考に陥っていないかを常に気をつけることは、余計な問題を引き起こさないためには大切なことになるだろう。

angry

先日、スケダチの高広さん(@mediologic)に「認知的不協和」という言葉を教えていただいた。これは正当化しようとする当人の心理状況を説明するものとして当てはまる。Wikipediaによると以下のように説明されている。続きを読む

Facebook、IPO申請書類に添付されたザッカーバーグの手紙全文

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookは2月1日、昨年から噂のあった新規株式公開(IPO)の申請書類を米証券取引委員会(SEC)に提出した。IPOによってFacebookの企業価値は1000億ドル(約7兆6000億円)に達する可能性がある。

提出文書によると同社のユーザー数は8億4500万人で、毎日ログインするアクティブユーザー数は4億8300万人。従業員数は前年比50%増の3200人以上。2011年の業績は、売上高が37億1,100万ドルで前年比88%増、純利益は10億ドルで65%増となっている。収入は広告の影響が大きいが、広告収入の割合は、2010年の99%から2011年には83%と減らしており、他の収入源を広げつつあるようだ。

mark

最大の株主は創業者のマーク・ザッカーバーグで、約28%を保有する。同氏の2011年の年収は150万ドルだったが、2013年1月からの月収は1ドルにするようだ。

IPO申請文書に添付された、マーク・ザッカーバークの手紙の全文がMashableに掲載されていたので、Conyacを使って翻訳したものをせっかくなので一部編集のうえ紹介する。こちらですべてのIPO申請書類を確認できる。

かなり長文だが、Facebookの考え方がよくわかる読み応えのある内容だ。一応日本語として意味が通るようにしているが、全てをチェックしきれていないので、修正したほうが良い部分があれば是非指摘いただければと思う。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net