このエントリーをはてなブックマークに追加

3月2日(米国時間)、iPad2の発表イベントが行われた。病気療養のために休職中のスティーブ・ジョブズが登壇し、新しいiPad2のプレゼンテーションを行った。長い時間をiPadのプロジェクトに注いで来たジョブズは、どうしても本人の口で発表したかったようだ。

apple_01

AndroidのHoneycombのロゴをスクリーンに映しながら「2011年はモノマネの年になる?」と問いかけて、いやいやiPad2の年になるよと語ったジョブズのプレゼンテーション。
最初は数字の紹介から始まった。

  • 1年弱で1億もの本がダウンロードされた。今後1万700タイトルが追加予定
  • Apple IDが最近2億アカウントを突破
  • App Storeは開発者に20億ドルを提供することができた
  • iPhoneは1億台を出荷した
  • iPadは1500万台販売され、タブレット市場の90%を占める
  • iPadのアプリは6万5000存在する

続いて、いよいよiPad2の発表だ。

2倍早く、33%薄く、15%軽い


iPad2はいろいろと予想が出回っていたが、大方予想通りのスペックが発表される形となった。
私自身、iPadで一番不満でありネックに感じていたのが持ちにくい厚さと重さだった。その点が改良されることにより、かなり快適になるだろう。
さらに、喜ばしい点として全てのアプリケーションを外部出力可能になった点があげられる。ケーブルを別途購入する必要があるが、いままでは一部アプリしか対応しておらず不便に感じていた点だったため嬉しい対応だ。

ipad2_01

  • デュアルコアA5チップ搭載
    CPUは2倍の早さ、グラッフィックスは9倍の早さに
  • A4と同様の低消費電力を実現し、従来と同じ最長10時間のバッテリー性能を実現
  • ビデオカメラを背面と前面に設置
  • 33%薄くなり、15%軽量化され、iPhone4よりも薄くなった
  • 3軸ジャイロ、加速度センサー搭載
  • ホワイトモデルも登場。初日から出荷する
  • 3GはAT&T版とVerizon版。CDMA2000とW-CDMA対応
  • HDMI出力をサポートし、動画だけでなくすべてのアプリケーションを出力可能に
  • 出荷開始は米国で3月11日、日本では3月25日か26日のいずれかになる
  • 予約開始時期は不明
  • 価格は初代iPadと同じ

iPhone4のホワイトモデルはいまだ発売されていない状況であるのに、iPad版は「初日からホワイトモデルも出荷する」と明言し、会場の笑いを誘ったそうだ。さて、無事出荷されるだろうか・・。
ちなみに、今回解像度の変更はなかった。

ジョブズの譲れないこだわり?なケースが登場


ジョブズは、iPhoneやiPadをケースで覆われることを嫌っていることで有名だが、今回そのこだわりを改めて証明するようなカバーが発表された。

iPad2_02

このカバーは、ディスプレイの面だけを覆うカバーとなっており、端を磁石でくっつけることで実現しているようだ。iPadを立てかけることもできるように機能面で配慮されている点はさすがである。
ただ、日本ではどうしても風呂カバーが想像されてしまうようで、Twitterはその話題で盛り上がっていた。(配色がまずかったかもね。)

iMovieとGarageBandのiPadアプリの登場で広がる可能性


新しいアプリとして、以下の4つのアプリが紹介された。

iPad2_03

  • FaceTime
  • Photo Booth
  • iMovie for iPad
  • GarageBand

GarageBandは、加速度センサーによって、ピアノタッチの強弱を認識してくれるなど、かなり高度な演奏が楽しめるようだ。ジョブズは「もはやおもちゃではない。本格的なレコーディングが楽しめる。」と自信たっぷりに語っていた。
アプリに関しての詳細はこちらで紹介されている。

iOS4.3の発表


あわせてiOS4.3が発表された。

  • AirPlayに機能を追加
    「写真」に保存されたビデオもAirPlayが可能になり、写真を見る際にはAppleTVのテーマを使用できるようになった
  • Safariが進化し、JavaScriptを最大2倍の速度で実行
  • MacやWindowsにあるiTunesの曲・映画・Podcast、オーディオブックを、Wi-Fiを通してiPhone、iPad、iPod touchでストリーミング再生可能に
  • 右上のアナログスイッチの役割を、回転ロックか消音切替かを設定可能に

回転ロックと消音切換を設定できるようになったのは、嬉しいポイント。
iOS4.3は、iPad、iPhone(GSM)、第3、第4世代のiPod touchを対象に3月11日に、提供されるようだ。
詳細はこちらから確認できる。

以上で発表は終了。今回は「One more thing」はなしだった。

いやー、iPad2は手堅くバージョンアップしたといえそうだ。薄く・軽くなったことで、どの程度持ちやすさが向上したかが、気になるポイントだ。

ちなみに、初代iPadがAppleStoreで1万円程度安くなって登場しているようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly