このエントリーをはてなブックマークに追加

4月20日のロイターの記事によると、iPhoneの次期モデルは9月に出荷を開始する見通しであることを3人の関係筋が明かしたとのことだ。
iPhone3以降、新モデルは6月〜7月に発売されていたが、どうやら次期モデルはずれ込むことが濃厚になってきたようだ。

iphone4

関係筋の1人は「新型モデルは、外見は現在のiPhone4と似ているが、より高速なプロセッサを搭載している」と語ったようだ。
次期iPhoneはどのようなモデルになるのか、様々な憶測が飛び交っているが、いまのところiPhone4からの大きな変化はあまり期待できず、iPhone3GSと同じように高速化が目玉になりそうな雰囲気である。

次はiPhone5?それともiPhone4S?


以下は次期iPhoneで噂されている変更点だ。
おサイフケータイ機能は、当初目玉になると予想されていたが、次期iPhoneで実現する可能性は低いようだ。

・◎ CPUはA5を搭載(iPhone4の2倍の速度!?)
・◯ 800万画素カメラ搭載(iPhone4は500万画素)
・△ おサイフケータイに対応(NFL搭載)
・△ デザインの刷新
・△ 4インチ液晶を採用(iPhone4は3.5インチ)

iPhone4はスマートフォンとして完成の域に達している感じで、次期iPhoneに目玉がないのも無理はないと思える。それぐらいiPhone4は気に入っているので、あと1年ぐらいは不満なく使えそうだ。
ただ、iPhone4で唯一出来が悪いのは「アンテナ」だと思う。アンテナの感度はまだまだ改善の余地はありそうなので、実はアンテナが改善されるのが一番嬉しいことかもしれない。

となんだかんだいっても、次のiPhoneがどんな製品になるのか楽しみでしょうがないので、やっぱりサプライズを期待してしまいますね。発表は早くても6月になりそうなので、それまでに新たな噂はでてきそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly