このエントリーをはてなブックマークに追加

6月10日10時(日本時間6月11日2時)にWWDC 2013が開幕し、基調講演が行われた。発表されたものは大きく6つ「OSX Mavericks」「iOS7」「Mac book Air」「Mac Pro」「iTunes Radio」「iWork for iCloud beta」だ。

tim

OSX、iOS7は予告通りの発表だが、この日はMac Proのお披露目というサプライズがあった。従来のものとは全くことなるデザインで会場を熱狂させた。
この日は会場が盛り上がったのも印象的だ。
ソフトウェアエンジニアリングを担当するクレイグ・フェデリギがプレゼンの半分以上を担当したのだが、ユーモアの入れ方が絶妙でかなり素晴らしいプレゼンテーションだった。ジョブズばりに笑いをとれていたんではないだろうか。iOS7初披露となる動画上映後も会場ではスタンディングオーベーションで迎えていた。
それでは発表された内容を振り返っていこう。



OSX Mavericks


59

まず発表されたのは「OSX Mavericks」。名称に関しては「そろそろネコ科の動物がネタ切れで困ってるんだ」という、みんなが心配していることを発言したあと、「そこでSea Lionなんてどうだろう」と言いながらアシカの可愛いアイコンが映しだされて会場の爆笑を誘った。

sealion

アシカは冗談で今回からネコ科はやめて、カルフォルニアをテーマにしていくそうだ。「OSX Mavericks」が次のOSの名称になる。「Mavericks」の由来は明かされてないが、カルフォルニア北部に現れる世界最大級の大波を「Mavericks」というらしい。

OSX Mavericksの10つの新機能が紹介されたのでそれぞれ紹介していく。

FInder Tabs


ファインダーにSafariブラウザのようなタブ機能が追加される。これは長い間待ち望まれていた機能だ。これでファインダーが散らばることなく一つにまとまるようになる。

finder

Tags


ファイルにタグがつけられるようになる。タグは自分で自由に作成可能で、1つのファイルに複数のタグを付けることも可能。もちろんタグで検索することもできる。

tags

Multiple Display


マルチディスプレイで、それぞれの画面でメニューが独立して動き、それぞれのディスプレイを別々のMacのように扱うことができる。もちろんディスプレイ間の移動はドラッグするだけで行える。
AppleTVを使って、テレビをサードディスプレイとして使うこともできる。

multiple_displays_menus

iCloud Keychain


ウェブサイトのログインなど様々なパスワードをiCloudに暗号化して保存。入力フォームをクリックすると、パスワードが呼び出される。

icloud_keychain_password


クレジットカードも複数登録される。ただしセキュリティコードまでは記録しない。

icloud_keychain_creditcard

Notifications


すべてのアプリでプッシュ通知が可能。表示された通知上で、メッセージに返信したり、FaceTimeに応答したり、eメールを消したりすることができる。スリープから復帰した際には離席時に届いた通知が表示される。

notifications_interactive

Advanced Technologies


Macのパフォーマンスやバッテリー消費を改善する機能。非アクティブなアプリのCPU消費を抑えてくれる。現行のOSXでは非アクティブなアプリをディスクに退避するようになっているが、これによりメモリ内での圧縮となり、CPU消費を72%抑えられる。SSD使用時でも改善されるとのこと。
デモでは、アニメーションを再生して電力を消費しているSafariの上に、別のウィンドウで隠しただけで、Safariの電力消費が0になる様子が見られた。

Map


Macアプリが登場。Macで選んだルートをiPhoneに送ることが簡単にできる。航空写真や3Dモードももちろん閲覧可能。

maps_send

iBooks


iBooksもMacに。メモの表示非表示など使い勝手が良さそう。

ibooks_ibookstore

Calendar


カレンダーは新デザインに、Facebookの予定や天気予報の表示が可能に。予定に場所を登録すれば、経路や時間を表示してくれる。

calendar_inspector

Safari


ブックマークや、リーディングリスト、Twitterでフォローしてる人がシェアしたリンクをサイドバーに表示できるように。

safari_sharedlinks-1


「OSX Mavericks」は開発者向けプレビューは本日、正式リリースは秋になる予定。

MacBook AIr


続いて新しいMacBook Airが発表された。予想とは違いRetinaディスプレイではなかったが、1日中使えるバッテリー、Interl Core i5またはi7を搭載、WiFiは802.11acになりスピードが最大3倍に。
新しいMacBook Airは本日から発売。価格は98,800円から。
ちなみにバッテリーは最大駆動時間が従来機と比べて11インチで5時間から9時間に、13インチで7時間から12時間に伸びたそうだ。

MacBook Air製品ページ

overview_bucket_storage

同時にWiFiのアクセスポイントとなるAirMac Extremeも発表され、本日販売が開始された。

Mac Pro


この日サプライズとともに登場したのはデスクトップ機「新Mac Pro」だ。これは会場で披露された動画をまず観て欲しい。



「デスクトップの未来を考えた」という新Mac Pro。期待を煽るムービーで会場の心を鷲掴みにした。「あぁ、AppleはJobsがいなくても大丈夫だ」そんなことまで思ってしまうぐらい、会場は熱狂した。
パソコンの小型化が進む中、Mac Proは時代を逆行するようにサイズをでかくしていたが、次世代Mac Proは現行機の8分の1のサイズに抑えた。

macpro

パソコンの設置でパソコンの裏の接続が面倒だったりするが、このMac Proは回して裏を前に持ってくることができるのが何気に素晴らしい。しかも人感センサー付きでライトがつく。

・最大12コアのIntel Xeon E5を搭載で従来の2倍の処理速度
・Thnderbolt2搭載。20Gbps。6ポート!
・グラフィックは2.5倍の処理速度
・4Kディスプレイに対応。3台まで対応可

apple.comでなんだかすごいMac Proのページが登場しているので、是非チェックを。年内発売予定。

iWorks for iCloud


ブラウザで動くiWorks for iCloud。Demoを見る限りアプリ版と遜色ないような動作。
ブラウザで動くので、WindowsでもiWorksが使えるようになる。会場でもWIndowsで動かすDemoを披露した。Safari、Chrome、IE9以降をサポート。

numbers_hero


iOS7


そしてiOS7が登場。予想されていた通り、デザイン刷新。フラットデザインが採用された。ただし、フラットというだけではなく、レイヤー単位の奥行きも表現されていて、一味違う印象だ。ライブ壁紙にも対応している。
こちらもまずは会場でも前半だけ流れた動画を紹介。



新機能として紹介されたのは以下の機能

Control Center


これは待望の機能。Wi-FIやBluetoothのオンオフや、ディスプレイの明るさの調整などができるパネルを瞬時に開くことができる機能。
懐中電灯や、電卓、タイマー、カメラなどのボタンもある。あるべき機能がようやくついた。

shared_controlcenter_lastframe_2x

Notification


タブで切り替えて表示できる。今日の予定や、見逃した通知など。

49

Multitasking for all Apps


起動中のアプリの切り替えが新しく。ホームボタン2度押しでアプリ切り替え画面に。
すべてのアプリでバックグラウンドでの動作に対応。常に最新の情報を取得してくれる。

53


Safari


タブが無制限に作れるように。スワイプでページの前後移動が可能に。タブのデザインもだいぶ変わった。

52

AIrDrop


端末間でファイル共有が簡単にできる。AirPlayでファイルを受取りたい場合は自分で近くの人に表示される状態にする必要がある。写真を撮って、AirDropで共有することが簡単にできるようになる。

33

カメラ


写真、動画、正方形の写真、パノラマの4つのモードをスライドで切り替えられる。撮影中に効果が適用される、「Live filter」機能も追加。

21

写真


写真を撮った場所、日付などで自動で整理して表示してくれる。年でまとめることも可能で、小さく表示されたサムネイルをなぞると拡大して表示される。

27

Siri


男性の声も選択可能に。ディスプレイの明るさの変更やBluetoothのオン、オフなどできることを拡張。
TwitterやWikipedia、Bingの検索結果をSiriが答えることも可能に。

iOS in the Car


車用のiOS。Siriで操作できる。2014年にはiOS in the Carを搭載した車が、16メーカーから発売される予定。日本のメーカーはホンダと日産。

17

App Store


年齢によるフィルタを追加。いまいる場所に合わせてアプリが提案される仕組みも。例えばスカイツリー周辺にいれば、スカイツリーのアプリが表示される。

アプリの自動更新


いままで手動でアップデートする必要があったアプリは自動更新に対応。WiFi接続時でバッテリーが十分にある場合に実行される。

iTunes Radio


予想されていたiRadioではなく、iTunes Radioという名称。ストリーミングで曲を聴くことができる。自分好みのステーションを作ることもできる。(気に入った曲に似たものがかかるようにするなど)アメリカ限定でのサービス提供だが、広告表示ありで無料で提供する。iOS、MacとWindwosのiTunesで利用できる。

FaceTime audio


音声だけのFaceTime。

Find My iPhone


iPhoneを無くしたとき、アクティベーションロックが可能に。IDパスワードを入れないとiPhoneを使えないようにできる。

iOS7はiPhone4以上、iPad2以上に対応。AirdropはiPhone5以降が必要。秋にリリース。

キーノートの動画は下記で見ることができる。
http://www.apple.com/apple-events/june-2013/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly