このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモは2月3日、日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC)となる「gacco(ガッコ)」を開設した。2014年4月14日より順次開講するが、それに先立ち受講生の募集を開始した。
一般的な大学の講義と同様に受講期間を設け、一定の修了条件を満たすと修了証を発行する。

gacco1

「gacco」は、大学教授陣による本格的な講義を、学生に限らず幅広い層がオンラインで無料で受講できるサービス。パソコンやスマートフォン、タブレットに対応する。
NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアが共同で提供し、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が講師の推薦やサポートを行う。

講義動画は1本10分程度とコンパクトにまとめられており、他の受講生と掲示板を通じたディスカッションなどを行いながら、継続的に取り組めるカリキュラムとなっている。

通常コースの流れ

1.講義動画・ディスカッション
2.選択式テスト・レポート
3.最終テスト・最終レポート
4.修了証の発行

現在受講生を募集しているのは、4月14日に開講する東京大学 本郷和人教授の「日本中世の自由と平等」、5月19日に開講する慶應義塾大学 村井純教授の「インターネット」、6月16日に開講する早稲田大学 栗崎周平准教授の「 国際安全保障論 ~戦争と平和のパズルを分析的に読み解く~」となる。
なお、東京大学の本郷和人教授の講座においては、オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う「反転学習コース」を、有料で提供する予定とのことだ。

gacco2


日本ではまだ一般的ではないMOOC(Massive Open Online Courses)だが、NTTドコモのような企業が、大学生だけでなく、幅広い年齢層に向けてサービスを公開したことは意義深いことのように思える。
日本でも、iTunesUなどで、大学の講義動画を無料で視聴することができるようになってきたが、カリキュラムになっているものが気軽に受けれるのはありがたい。今後のサービスの発展を期待したいところだ。


gacco(ガッコ)
http://gacco.org/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly