TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

ガジェット&テクノロジー

疑問だったiPhone6の画面拡大、いまや完全に納得

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone6。発売日にiPhone5Sから機種変更して1週間ほど使ってみた。以前から持っている4.7インチのAndroid端末にはあまりしっくり来ていなかったこともあり、同じく4.7インチになったiPhone6にはあまり期待していなかったのが正直なところ。
それがもうiPhone5Sには戻れないと感じるほどの満足感を得ている。

DSC00908


不思議なもので、いま5S触ると、かなり昔の製品を触っているかのような感覚になる。すごく小さくてちゃっちく感じるし、いままで使っていたとは思えないほどだ。続きを読む

日本の新鋭メーカー、バルミューダの家電がかっこよすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さん、バルミューダという家電メーカーをご存知だろうか?私も知ったばかりのメーカーなのだが、最近ソーシャルメディアで見かけて「見たことない、かっこいい」と思った商品がいずれもこのバルミューダの商品とわかって、少しばかりの興奮を覚えているところだ。
しかも日本のメーカーで、2003年3月に東京吉祥寺でたった一人で設立され、現在は十数名で動いている会社なんだそうだ。

まずは1つめの商品を見て欲しい。「BALMUDA Rain」という商品だ。

Swipe_08

いかがだろうか。このシンプルで個性的なデザイン。下手したら何の商品かわからない人もいるかもしれないが、これは「加湿器」だ。続きを読む

2013年に買って良かったもの7選+番外編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年もいよいよ終わり・・・ということで、2013年に買ったものを振り返ってみた。その中で、ほんとに満足しているものだけ7選をご紹介。ベタなものが多いかもしれないが、良かった満足しているポイントとともにまとめてみた。

1. NEX-5R



camera


圧倒的に買って良かったのがソニーのミラーレス一眼カメラの「NEX-5R」。これはトータルで考えれば、自分が買った歴代カメラの中でNo.1。いまは常にこのカメラを持ち歩いている。
このカメラの良いところは、小さいのに通常の一眼に劣らないきれいな写真が撮れること。特に背景をぼかしたいい感じの写真がオートで簡単に撮れるのも良い。下の写真は買ったばかりの際にオートで撮影したもの。続きを読む

Google Glassが絶対に流行らないたった1つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Glassが着々と準備を進めている。12月17日に今年最後のアップデートを行い、今週にもGoogle Glassと連携するiPhoneアプリ「MyGlass」がリリース予定とのことだ。

Google Glass、今年最後のアップデート - ウインク撮影やロック機能追加(マイナビ)

Google Glassはガジェット好きとしてはわくわくせずにはいられないプロダクトだが、どうしてもクリアできない課題が存在するのではないかと思う。

googleglass


どうしてもクリアできない課題、それは盗撮問題である。これはGoogle Glassが発表された当初から言われていることだが、どうもこの問題に関しては目をつむったまま進められているように思えてならない。
続きを読む

カードを1枚にまとめられる「Coin」が話題、でも本当に実現可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加
複数枚所持しているクレジットカードを1枚にまとめることができる電子カード「Coin」が話題だ。TechCrunchによると40分で目標の5万ドルを達成したようだ。(つまり約1000件の注文が40分で行われた)

複数のカードに変身する電子クレジットカードの「Coin」。予約目標を40分で達成(TechCrunch)

43

動画を見ると確かに魅力的だ。クレジットカード、銀行カード、ポイントカード。財布の大部分をカードが占めていると言っても過言じゃない状況。これらを1枚にまとめてくれるプロダクトだからだ。
これは「Coin」という端末に自分のクレジットカードをスキミングして登録しておけば、「Coin」をクレジットカードの変わりとして利用出来る製品。複数のカードを切り替えて利用できるので、最大8枚のカードを1枚にまとめることができる。続きを読む

「Appleが作ってるのはインスタントラーメン、僕らが作ってるのは一品料理」ソニーのキーパーソンの発言から見える日本メーカーの課題

このエントリーをはてなブックマークに追加
日経トレンディネットに掲載された、ソニーのオーディオ・ビジュアル製品のキーパーソンである金井隆氏へのインタビューが話題になっている。
該当個所はソニーにAirPlayに対応したラインナップがない理由を聞かれた際の回答だ。『Appleが作っているのは「インスタントラーメン」のような音で、自分たちが作っているのは「一品料理」だ』と発言している。

music

AVアンプに重点が置かれたインタビューの中での話なので、その文脈であることを考慮する必要もあるだろうが、これらの発言の中から、日本のメーカーが陥っている状況が見えてくるような気がした。

一部を引用する。
(12月10日追記:引用元記事の内容に大きく変更が加えられたようです。下記引用は元記事公開時のものです。)続きを読む

ヨドバシ、ヤマダがKindle販売を見送り。「Kindleが普及するとAmazonに顧客を取られる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞は11月17日、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンの3社が11月19日に発売するKindleの販売を見送る決定をしたことを伝えた。一方でビックカメラ、ケーズデンキ、上新電機はKindleを販売する模様。

yodobashi

見送る決定をした理由として「キンドル普及を後押しすることは、アマゾンの通販サイトなどへの顧客流出につながると判断した。」としている。店舗側の粗利益が10%以下で他の商品に比べて利益が出にくいことも理由の一つとしている。
また、消費者が商品を店頭で確認し実際はAmazonなどのネットショップでより安い価格で購入する「ショールーミング」と呼ばれる動きを警戒しているとのことだ。続きを読む

電子書籍を読むならE Ink端末がおすすめな6つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Kindleの上陸で、電子書籍への感心がようやく高まってきたように感じる。すでに購入を決めていて、タブレット型の「Kindle Fire」か、E Ink型の「Kindle Paperwhite」かで悩んでいる人も多いだろう。
今回は一家に一台、もとい、一人一台持つことをおすすめしたいE Ink型の電子書籍端末のメリットを紹介したい。

DSC03379

私自身は「Sony Reader PRS-T2」を使い始めて1ヶ月ほどが経過したところだ。ここのところ読書がまったくできていなかった自分にとっては信じられないぐらい読書がはかどった。電車に乗る時間を利用して1ヶ月で6冊ほど読んでみたが、満足度の高い製品だと感じている。実感とともに6つのポイントを紹介する。続きを読む

iPad miniは買い? -- 用途を考えてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleが10月23日午前10時(日本時間24日午前2時)に何かしらの発表イベントを行うことが明らかになった。発表されるものとして「iPad mini」「MacBook Pro Retina 13インチ」「Mac mini」などが噂されている。ここまでの情報などから「iPad mini」は確実といえそうだ。
7.85インチのディスプレイを搭載するであろうiPad miniがどのような用途に使えそうなのかを考えてみたい。

apple-ipad-mini-invite

まず、考えを述べる上で私の環境を紹介したいと思う。現在は9.7インチのiPad2と4インチのiPhone5、6インチのSony Reader(PRS-T2)を利用している。ぞれぞれの使い方は以下のような状況だ。

  • iPad2
    主に自宅で利用。RSSのチェック、動画視聴、ブラウジングが主な用途。
  • iPhone5
    毎日持ち歩く。メールとRSSのチェック、マップ、ブラウジングが主な用途。
  • Sony Reader
    毎日持ち歩く。読書のみに利用。

iPad2は持ち歩いてない


iPad2はほとんど自宅でしか使っていない。持ち歩く際のネックは、重さとサイズだ。小さいかばんには入らないので、そこそこのサイズのかばんが必要になる。なので、ちょっと出かけるぐらいではまず選択肢に入らない。
そして、重さはSmart Coverをつけた状態だと740gほどになるので結構重い。どうせ持ち歩くなら、1.08kgのMacBook Airを持った方がよいという判断に大抵なってしまう。続きを読む

ソニーの電子書籍端末「Sony Reader PRS-T2」を1週間使ったレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
電子書籍端末「Sony Reader PRS-T2」を買って1週間ほど使ってみたのでレビューをしたいと思う。
いまは毎日持ち歩いてて、主に電車とかカフェで読んだりしている。164gほどなので重さを気にせずバッグにいれておけるのが嬉しい。
さっそく小説「悪の教典」とマンガ「ヒミズ(全4巻)」を読んでみた。

DSC03375

電子書籍端末を本格的に使うのは今回がはじめてと言ってよいだろう。Kindleを持ってるがほぼ英語書籍だけなので(恥ずかしながら)ほとんど使っていないし、iPhoneやiPadではマンガや雑誌、たまに小説を買ったりしているが、ちゃんと読みきったのはマンガぐらいだ。
今回Sony Readerには外出時に持ち歩いている紙の本の代替品となることを期待して購入した。
それではポイントをレビューしていきたいと思う。続きを読む

楽天の電子書籍ストア「Raboo」終了に思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天は25日、2011年8月にオープンした電子書籍ストア「Raboo」を2013年3月末で終了することを発表した。販売は2013年1月22日に終了する。

raboo

楽天は電子書籍端末「kobo」発売に伴い「Raboo」とは別に「koboイーブックストア」を2012年7月に立ち上げている。流れとしては予想できたことだが、予定されていた「koboイーブックストア」との統合は行われず、購入したデータは引き継がれることなくサービス終了となる。
同じ会社のサービスで統合ができないというのは、規格や契約上の問題が大きいということだろうか。これは今後電子書籍ストアが閉店するような時に、他のサービスに統合されるのは期待できないということなのかもしれない。
(Rabooで書籍を購入した人向けの特典もあるが納得できるものではないだろう。→ Rabooサービス終了のお知らせ続きを読む

またしても日経がSony Reader発売日にKindle日本発売の報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞は9月21日深夜、Kindleが10月にも日本で発売する見通しであることを報道した。
この報道を見たとき「またか」と思うと同時に、なんだかあきらめの心境にも陥った。

kindle

9月21日はソニーの電子書籍端末の新機種「PRS-T2」の発売日だ。これに反応するように日経は「複数の大手出版社幹部」からの情報としてKindle日本発売の報道を行った。
「またか」というのは、「PRS-T1」が発売した2011年10月20日にも日経は「Kindleが年内に日本で電子書籍事業に参入」すると報道しているからだ。(元記事はすでに削除)

1度ならば偶然と言えるかもしれないが、2度も同じ日にKindleの報道がなされたとなれば、Amazonが買い控えを狙って意図的に情報をリークしたと考えてしまう。
実際私もずっとKindleの登場を待っていたのだが、待ちきれずSony Reader「PRS-T2」を購入したばかりだ。
まだ発表できるほどの見通しが立っていないため、時間稼ぎで情報をリークしているのではないだろうか。日経が意図的なのかそうでないのかはわからないけども。続きを読む

iPhone5、ソフトバンクからauへのMNPを検討してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone5の予約が9月14日より開始されました。21日は毎度お世話になってるApple Store銀座に行けなそうなので、地元のソフトバンクで予約するか・・・と仕事帰りに寄ってみたら「本日の営業は終了しました」の表示。まさかの8時までできっちり閉店。
というわけで、おとなしく家に帰って目を通せてなかった情報を吟味することに。そして、いろいろ見てみるとまったく考えてなかったauへのMNPも含めて検討しようかなぁという気分に。

iphone

ソフトバンクにはJ-Phone時代からお世話になっているし、iPhoneを日本で売ってくれた恩を微妙に感じてたりするので、一生ソフトバンクだろうなぁとは思ってたのだけど、パケット定額の値段が4,410円から5,460円になる(機種変の場合は1年間4,970円)ってことで、「また通信費が膨らむのか・・・」というウンザリした気分を覚えて、auのMNPも含めて検討しようかなぁという気分になってきました。
まぁ、これ自体はauも同じなので、ソフトバンクどうこうという話ではないのですが、安く使う方法を検討したくなったわけです。
(ちなみに私は2年縛りが終わって違約金なしに移れる状態です)

で、個人的にポイントになりそうなことをあげていきたいと思います。続きを読む

iPhoneのディスプレイサイズはいまのままが良いのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
次期iPhoneのディスプレイサイズは拡大して少なくとも4インチ以上のサイズになりそうだというニュースをロイターなどが確度が高い情報として報じているようだ。

ついに大型化? 「次期iPhoneのディスプレイは4インチ」と情報筋

evo2

一見、ディスプレイサイズが大きくなることは良いことのように思えるが、私はいまのままのサイズが望ましいと考えている。

ディスプレイが大きくなることへの懸念は2つある。「持ちにくくなる」ことと「アプリへの影響が大きい」ことだ。続きを読む

ソニーがパンドラの箱をついに開けた。HDDレコーダーtorneの完成形「nasne」を投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーが、HDDレコーダー「torne(トルネ)」の最大の不満を取り除く「nasne(ナスネ)」を7月19日に発売することを発表した。
価格は1万6980円。極めて低価格で地上波・BS・CSの3波の十分な録画環境を構築することが可能となる。これを発売することはソニーが自らパンドラの箱を開けてしまったかもしれないというほど、大きな決断だったのではないだろうか。

nasne

「nasne」は基本的に「torne」の上位モデルと考えれば良いだろう。基本的な仕組みはtorneと同様で、利用するにはPlasyStation3が必要になる。
パンドラの箱を開けてしまったというのは、極めて低価格でブルーレイ/HDDレコーダーの環境を構築できる製品を投入したという点にある。「PlayStation3 2,4980円」+「nasne 1万6980円」= 4万1960円で、ブルーレイが再生できてかつ3波が録画できるレコーダー環境が構築できてしまうのだ。これはブルーレイ/HDDレコーダーの価格破壊とも言えるものだ。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net