日常の中に動くアートを実現する新世代額縁「FRAMED* 」が素敵すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インタラクションデザイナーの中村勇吾氏率いるthaが今日発表した「FRAMED* 」が完成度が高い感じで、なかなか素敵なプロダクトに仕上がっている。

framed1

中村勇吾氏のTwitterの発言によると「ソフトウェアアート/映像/モーショングラフィックといった様々な形式の表現を、暮らしの中で日常的に体験して頂けるようデザインされた新しい「額縁」。それが「FRAMED」です。」というもの。
この製品を知るためにはプロモーションムービーを見るのが一番なので、まずは見てみて欲しい。



う〜ん、かっこいい。
これがあればどんな家でも近代的なおしゃれハウスになりそうだ。オフィスにもかなり採用されそう。
気に入ったのはiPhoneでアートを切り替えたり、動かしたりできる点。

framed2

Windows7で動いているようで、CPUはInter Core i5とかなり高スペックなマシンでもある。WiFiやBluetoothにも対応しており、ディスプレイはSAMSUNのLEDが採用されている。

framed3

お値段が気になるところだが、まだサイトでは記載がない様子。冷静に考えたらかなりのお値段になりそうだが、高級アートを買うのを考えれば買えなくもないのかも?
FRAMED* 公式サイト(英語)

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。