iPhoneのディスプレイサイズはいまのままが良いのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次期iPhoneのディスプレイサイズは拡大して少なくとも4インチ以上のサイズになりそうだというニュースをロイターなどが確度が高い情報として報じているようだ。
ついに大型化? 「次期iPhoneのディスプレイは4インチ」と情報筋

evo2

一見、ディスプレイサイズが大きくなることは良いことのように思えるが、私はいまのままのサイズが望ましいと考えている。
ディスプレイが大きくなることへの懸念は2つある。「持ちにくくなる」ことと「アプリへの影響が大きい」ことだ。


私は4.3インチのAndroid端末「HTC EVO」も使っているが、持ちにくいのがとてもネックになっている。手の大きさの大小はあるので、万人にぴったりなサイズというものはないが、いまのiPhoneのサイズは持ちやすさにこだわった結果に導かれたものであり、Appleは1度出したその答えを崩すことになる。
確かに「動画はもう少し大きい画面で見れたほうが良い」といったメリットは考えはなくもないが、日々の使い勝手を考えればサイズはいまのままが良い。端末のサイズはそのままで、ディスプレイのみが拡大というのもありうるが、果たしてどうだろうか?
そして、アプリへの影響も懸念される。
サイズが変わることで、アプリの改修が必要になるケースや、ユーザーにとっても、アップデートがないアプリは使い勝手が悪化する可能性がある。
さらには、iPhone4S以前も共存することから、異なるディスプレイサイズの環境ができてしまう問題がある。Androidは機種が増えすぎて、アプリ開発業者にとっては大きな負担にもなっている。機種が増えすぎたガラケーの状況が世界的に起こっている形だ。
Androidの分裂を写真に撮るとこうなる–この多様は善か悪か?(TechCrunch)

買い替え需要喚起という難題

正直、iPhone4SでiPhoneは完成の域に達してしまった感がある。これ以上進化させるためには時代が追いついてないとさえ思える。
しかし、ユーザーは新しい製品には期待しているし、目に見える進化を求めるだろう。そんな中、ディスプレイサイズの変更はユーザーにとって分かりやすい変化だし、買い替えをする理由付けにもなりやすい。
ディスプレイサイズ変更は、Appleにとっては禁断の果実ではないだろうか。少なくとも私はそう思うのだが、皆さんはどうだろう?

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。