TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

シャープ

「TSUTAYA GALAPAGOS」からTSUTAYAが脱退

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日の記事の最後にボソッと書いたことが早くも現実になってしまった。「TSUTAYA GALAPAGOS」からTSUTAYAが脱退してしまったのだ。

tsutaya

「株式会社TSUTAYA GALAPAGOS」は、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が保有する同社株式の全数をシャープが買い取ることで、9月30日をもってシャープの子会社となる。

これは、コンテンツストア事業に関し、CCCとシャープの業務提携を解消することに伴うもので、シャープの子会社化に伴い、社名を「株式会社GALAPAGOS NETWORKS」に変更し、電子ブックストアサービスの名称を「TSUTAYA GALAPAGOS」から「GALAPAGOS STORE」にリニューアルする。続きを読む

シャープ、「GALAPAGOS」の販売を9月末で終了 -- わずか10ヶ月の販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャープは9月15日、同社が展開していた多機能端末「GALAPAGOS」の2機種の販売を9月末で終了することを発表した。Android端末向けにも提供されている電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」は引き続きサービスを継続する。

galapagos

販売を終了するのは「5.5型モバイルモデルのEB-W51GJ」と「10.8型ホームモデルのEB-WX1GJ」の2機種。関連商品の販売も同時に終了する。

購入してない私でさえ、軽く目眩のするニュースだ。「GALAPAGOS」は昨年の12月10日に発売されたばかりで、1年を持たずに撤退する形となった。売上不振などが販売終了の要因とみられる。
保守やメンテナンスなどは引き続き対応するとのことだが、おそらくOSのバージョンアップなどは期待できないため、購入した人にとってはかなり残念なニュースだ。続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net