TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

ソーシャルメディア

mixi、アクティブユーザーが激減で1300万人以下に

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiは2月6日、2012年度第3四半期の決算説明会を行い、その発表資料(PDF)を公開した。
その中で気になるのはやはりマンスリーアクティブユーザー(MAU)の推移と、売上高の推移を見てみようと思う。

まずMAUだが、前回発表の1453万人から大きく減らし、1298万人が最新の数字となった。

00


mixiはこの減少の理由として「大規模な不正業者対策実施」を行ったことをあげており、これにより1日あたり、最大5.5万件(ここ数ヶ月は2万件程度)発生していた不正業者とゲーム不正利用者の摘発数がほぼ0にまで減少したとのことだ。これは足あと機能の復活とも関係した対策なのだろうから、実施したタイミングとしてはおかしくはないだろう。続きを読む

これからの時代は「態度表明する社会へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近「価値観が変わってきている」と感じことが多くなってきた。世界的な経済危機に直面する中、「受身」でいることがリスクになりつつある。
そして、ソーシャルメディアが浸透したことにより、同じ考えを持った「人と人」がつながりやすくなり、「共感の連鎖」が生まれやすくなった。
家族、同僚、同級生などの枠組みを超え、一人ひとりが影響力を持つようになり「発信することで何かが変わった」経験を持つ人が増えてきた。そしてこれからの時代は「態度表明する社会へ」突入する。

99

「態度表明する社会」というキーワードは、私がここのところ私がずっと考えているテーマだ。ソーシャルメディアの浸透により「個人が影響力を持つようになった」と語られることが多くなったが、それを「限られた一部の動き」と捉えていては、未来を見誤るかもしれない。
なぜなら「影響力を行使する人」は確実に増えていき、「態度を表明する」ことが当たり前になっていくからだ。続きを読む

ロンドンでSNS遮断を検討 -- 悪用される中で広がるRiot Womblesという正義のムーブメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドンで続く暴動における略奪行為。その計画にソーシャルメディアが利用されているとして、キャメロン首相はSNSの遮断を検討していることを明らかにしたようだ。

clenup

キャメロン首相はこのように述べた。

情報の自由な流れは良い事にも使われるが、悪い事にも使われるとし、「ソーシャルメディアが暴力のために利用されるなら、われわれはそれを阻止しなければならない。従って、われわれは現在、警察および情報局、企業らと協力し、暴力の計画に悪用されているWebサイトやサービスの利用を遮断することが正しいかどうかを検討している」と語った。
キャメロン英首相、ロンドン暴動でSNSの遮断を検討(ITmedia)

ソーシャルメディアが悪用されているという報道が増えてきており、悪い部分に焦点が定まろうとしている。単純に悪い部分だけなのであれば「即座に遮断しろ!」という話なのかもしれないが、キャメロン首相が付け加えたように、ソーシャルメディアは良い動きにも活かされている点も見逃してはならない。続きを読む

ソーシャルメディアで人のつながりが継続しやすくなった世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、部屋を整理していたら、懐かしい友人の手紙が出てきた。その友人とは私が中学生のときに転校してからしばらく手紙のやり取りをしていたのだが、すっかり疎遠になってしまっていた。その手紙を読みながら思った雑感を書き綴りたいと思う。

iStock_000015863046XSmall

その友人の手紙にはこう書いてあった「戻ってきたときには連絡してくださいね。楽しみにしてます」。学生だった私には遠距離の地に戻る機会もなく、戻る機会があったのはその手紙をもらって5年ほどたってからだった。でも、その時にはそんな風に言ってもらっていたことをすっかり忘れてしまっていて、連絡はとらなかった。
もちろん相手もそのことを忘れているかもしれないが、「なんで連絡とらなかったんだろう」とすごく後悔した。私がその時に連絡をとっていたらいまも関係性は継続されていただろうか。

なんとなく連絡をとってみたくなったが、何十年も話していない友人への連絡手段はわからないし、いま連絡しても気味悪がられるのが普通だろう。
もし、ソーシャルメディアでこの時につながっていたら、いまもまだつながっていたのだろうか。そんなことをふと思った。続きを読む

ソーシャルメディアの私なりの定義 -- TechWaveの記事を受けて

このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生がTechWaveに寄稿した記事「蔓延する誤った「ソーシャルメディア」の定義【水谷翔】 」が物議をかもしていたが、この件に関しては静観を決め込もうと思っていた。
しかし、今日公開された湯川さんの「ソーシャルはリアルに傾くのか、デジタルネイティブは未来を生きているのか【湯川】」というまとめ記事を読んで、ソーシャルメディアを考える上でいいきっかけなのかもしれないと思い、持論を述べてみたいと思う。

sns

まず、はじめにはっきりさせておきたいのは、SNSのつながりが「リアル限定であるべきか」「バーチャルも含まれるものか」なんてことは個々人が決める事であって、総意になるものではないと考えられる点だ。
結局のところSNSで繋がる人を考える上では「今後関係を継続したいのが誰なのか」という点が重要になる。
なので一般論として定義できるものではなく「私なりの定義」しかできないものだと考えている。
というよりも、ソーシャルメディアの枠組みで考えた時にリアルかバーチャルかを基準にして考える事はとてももったいないことだと思う。

以下では私なりの「ソーシャルメディアの定義」を示したいと思う。続きを読む

Facebookの「Like」ボタンが生み出したトラフィックの変化

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界でアクティブユーザーが5億人を超えるFacebook。
現在日本でのFacebookのユーザー数は136万人程度だが、Facebookが一般的に利用されている米国では今何が起こっているのだろうか。
Facebookメディアパートナーシップディレクターのジャスティン・オソフスキーが興味深いデータを公開してくれた。
(9月28日に公開されたデータ。記事最後に埋め込んであるので詳しくはそちらでご覧いただける)

facebook_00

今回はこの資料から「Like」ボタンにフォーカスして紹介していきたい。続きを読む

レディー・ガガ、Facebookファン登録が1千万人超えを達成ーその凄さに迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーシャルメディアの女王として名高いレディー・ガガのFacebookのファン登録がついに1000万人を突破した。



これは人物のファン登録数としては、1500万人を超えるマイケル・ジャクソンにつぐ2番目に多い登録者数ということになる。そして、980万人のオバマ大統領の登録数を超え、存命の人物としてはもっとも多くのファン登録数を集める人物となった。

レディー・ガガはこの件に関して、ファンへのメッセージとしてこのように語っている。
続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net