このエントリーをはてなブックマークに追加
6月17日に行われたNTTドコモの定時株主総会にて、これまでノーコメントを通してきた「iPhoneの販売」に関して、辻村清行副社長は「優れた端末だが、発売する計画はない」ことを明言した。発売を否定したのは今回がはじめてのようだ。
ここに来て発売を否定した裏には、Androidへの好感触が影響していそうだ。

docomo

ドコモは夏の新モデルで、Android端末を一気に8機種投入してきた。しかも、すべての機種に最新のAndroid2.3を搭載し、これまでにない力の入れようを見せた。
実際に、2011年度のスマートフォンの販売目標を600万台と大きく掲げている。

そして、夏の新製品を発表した際に、今回の発言に影響したと思われる重要な計画を明らかにしている。その発表とは、iモード公式サイトに関するものだ。
iモード公式サイト利用者がスマートフォンに移行した際、現在は自動退会となるが、これを自動的にスマートフォン用の会員に引き継げる仕組みを導入する計画だ。これを今年の冬を目標に対応するという。続きを読む