TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

映画

まるで音に包まれる映画館、日本に初上陸した最上級の音響技術「ドルビーアトモス」で「ゼロ・グラビティ」を観てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
前評判の高い「ゼロ・グラビティ」が、12月13日についに公開された。世界46カ国で興行成績1位を記録。すでに興行収入600億円を突破し、話題になっている作品だ。
この作品は宇宙空間でのトラブルによる決死のサバイバルを描いた作品で、出演するのはジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックのほぼ2人だけ。
体感する映画として評判の高いこの作品は、最高の映画館で見るべきと思い、IMAXとドルビーアトモスで悩んだ結果。ドルビーアトモスを日本で初めて採用した「TOHOシネマズららぽーと船橋」で観てきた。

da1

11月22日にリニューアルオープンしたTOHOシネマズららぽーと船橋が、日本で初めてこの「ドルビーアトモス」を採用。これに加えて独自規格のラージスクリーン「TCX」で同規模の映画館の120%サイズのスクリーンを備えている。来週12月20日(金)にオープンする「イオンシネマ幕張新都心」ができるまでは、日本で唯一ドルビーアトモスが体感できる映画館だ。続きを読む

ソーシャル映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」がスマートフォンに対応!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年7月30日からPCサイトのみで提供していた、ソーシャル映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch(シネマッチ)」ですが、ようやくスマートフォンに対応しました。
iPhoneやAndroidなどでアクセスすると最適な形でご利用いただくことができます。どんなサービスかはこちらにまとめています。

写真 1-1

CineMatchが生まれた背景


CineMatchは映画興行ランキングに左右されがちな映画の露出を少しでも変えたくて、今年の7月から始めたサービスです。
映画の興行ランキングは全国の映画館で実際に観た観客数を集計したものなので、母数が大きくランキングとして参考にできるもののようにに思えますが、映画は年代や属性によって合う作品はことなってくるものだと思います。例えば学校や会社などの単位でランキングをしたほうが面白いと思えないでしょうか。実際に、最近ではショッピングモールなどにシネコン型の映画館が増えたために、家族向けの映画が上位になる傾向がとても強くなりました。
これは間違いではありませんが、もっと違う指標があっても良いのではないかと、考えたのです。
母数が大きいよりも、少ない母数でも友人や趣味嗜好が似ている人から影響を受けるためのサービスとして設計したのがCineMatchです。続きを読む

ニコニコ動画が映画配信サービスを開始、 おしゃべりOKな新しい映画視聴スタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ニワンゴは11月14日、同社が運営する「ニコニコ動画」でハリウッド映画などを配信する、映画カテゴリを新たに開設した。公開時は「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」などワーナー・ブラザース作品100タイトルを揃える。ニコニコ動画のインターフェースで視聴可能で、映画を見ながらコメントを読んだり書き込んだりすることができる。
さらに、映画を決められた時間に配信する「ニコニコ映画上映会」も発表した。

niconico

ニコニコ動画が映画配信を開始した。配信は都度課金型のVOD(Video On Demand)と、購入すると無期限で視聴できるEST(Electric Sell Through)の2つの形式を用意。
視聴料金は、VODは新作400円、旧作300円、ESTは1,000円で提供され、ダウンロード形式ではなく、都度ニコニコ動画に訪問して視聴する形となる。続きを読む

1度はこの映像を体感しておくべき!映画を最高の環境で視聴できるIMAXで話題作を2本見てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
アバターが話題になった際に、「絶対にIMAXで見るべき」という話をよく聞いていたので、ずっと気になっていたIMAX。自宅からわりと近い木場に7月15日にオープンしたので、現在上映中の話題作「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」と「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を見てきた。

001

まずIMAXのことを少し説明。IMAXは映画を構成する4つの要素「映像、音響、空間、作品」をすべて最高の水準にまで高めた上映システムを備えており、旅行に例えれば「ファーストクラスで行く上質な旅」を味わえるというものだ。
システムはカナダのIMAX社が開発したもので、日本では「3Dの映画館」というイメージが強いが、2D作品も最高の環境で見れるものになっている。

実際クリエイターの評判も極めて高く、スティーブン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンも絶賛している。続きを読む

世界中から投稿された動画を集めて制作されたソーシャル・ネットワークムービー「LIFE IN A DAY」がこの夏公開、ドリパスで試写会受付中

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年夏、YouTubeが世界中のユーザーに向けてある動画を募集した。それは「7月24日の24時間の中で、あなたの日常のひとコマ」だ。
192ヶ国から約8万本、合計4500時間に及ぶ動画が投稿され、その動画を編集して制作された1本の映画が「LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語」だ。
その映画が8月27日、いよいよ公開する。

lifeinday

制作総指揮は代表作に「ブレードランナー」「グラディエイター」を持つリドリー・スコット。監督はドキュメンタリー映画「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」でオスカーを受賞したケヴィ ン・マクドナルドが担当した。そして「撮影はあなた」という、YouTubeが究極のソーシャルネットワーク・ムービーに挑戦した新しい試みの映画だ。
監督は4500時間の動画すべての作品に目を通し、多くのインスピレーションを受けて制作したものだという。続きを読む

映画で英語を勉強できる「超字幕」がiPhoneアプリとして登場、全作品半額セール中

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソースネクストは7月4、映画を見ながら英語を学習できる「超字幕」シリーズのiPhone版の提供を開始した。
現在、通常1800円〜2900円の全30タイトルを900円で提供するキャンペーンを行っている。

vpqtfssp

「超字幕」は、日本語と英語の字幕を同時に表示しながら映画を鑑賞したり、わからない単語の意味をその場で調べたりすることが可能で、映画を見ながら学習できるのが特徴だ。(字幕は日本語のみ、英語のみにすることも可能)続きを読む

コンテンツ産業は一刻も早くクラウド化へ進むべき

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんだか人生の第二次映画ブームみたいのがやってきたようで、AppleTVで映画をあさったり、最近ではスカパーの映画チャンネルを複数契約して、気になる映画をひたすら撮り溜めたりしている。そんなことをしているうちに感じたことを思うままに書き綴りたい。

dvd

私は映画が急にみたくなることが多いのだが、見たい映画はその時の気分によって変わってくる。なので「映画は見たいが手元にあるものは見る気にならない」ということがよくあって困っていた。
そんなこともあり、最近だと映画を見たくなったら「AppleTVで見たい映画を探して見る」ことが多くなっていた。
1つ問題になったのが、AppleTVは1000本程度しか映画を扱っていないので、すぐに品揃えに物足りなくなってしまったことだ。(ちなみにプレステ3やXbox360で提供されているビデオオンデマンドサービスは100本程度なので、これでもAppleTVが圧倒的な品ぞろえ・・・)続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーが描く未来は2010年10月26日じゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加
「今日はバック・トゥ・ザ・フューチャーで描かれている25年後の未来。」という情報がTwitterでたくさんRTされていた。(わかる範囲でも軽く500RT以上)
それは素直に「面白いなぁ」と思い情報源を探っていたのだが、一向にそのような話が出てこない。少し調べていると、どうやら間違って伝わってしまった情報であることがわかった。

バック・トゥ・ザ・フューチャーでタイムマシーンの実験をした日は1985年10月26日で、今日がその25年後というのは間違いない。しかしPart 2で描かれている未来は、2015年10月21日なのだ。

backtothefuture

どうして今日が「バック・トゥ・ザ・フューチャーで描かれている未来」ということになってしまったのか、さらに調べてみるとPart1で実験に成功したドクが行こうとした未来が25年後だったということなのだ。おそらくこの話がTwitterに流れている話に繋がっているのだと思う。続きを読む

映画館チケット共同購入サイト「ドリパス」が熱い

このエントリーをはてなブックマークに追加
クーポン共同購入サービスがたくさん登場し話題が尽きないが、この仕組みと同じような形で映画館チケットを共同購入するサイトが登場していたので紹介したい。



その名も「ドリパス」。このサービスの仕組みはサイトで以下のように説明されている。
続きを読む

Facebookの映画「ソーシャル・ネットワーク」は必見なんです

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカでは2010年10月、日本では2011年1月に公開予定の映画「ソーシャル・ネットワーク」。
この映画はハーバード大学在学中にFacebookを開設し、最年少の億万長者になっていく創設者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏の成功と、その裏に潜む友情や裏切り、法廷闘争などを描いている。


この映画、私はかなり良い映画に仕上がることを期待してしまっている。なぜなら監督はあのデヴィッド・フィンチャー(Yahoo映画)。
デヴィッド・フィンチャーといえば有名なのは「セブン」「ファイトクラブ」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」だろうか。

続きを読む

映画「インセプション」テーマ曲の秘密がオシャレで話題

このエントリーをはてなブックマークに追加
レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が競演で、監督も「メメント」や「ダークナイト」のクリストファー・ノーランということで、日本でもかなり話題になっている「インセプション」。



その「インセプション」が映画内で使用している2つの曲の意外な関係性が話題を呼んでいる。
これを知って映画をもう1度見たくなってしまったのは私だけではないだろう。映画をまだ見ていない方でも映画を見る前に知っておくとより映画を楽しめるのではないかと思う。
続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net