TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

電子書籍

Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
book

朝日新聞の12月22日の記事が衝撃的すぎて圧倒されている。日本のリアル書店と電子書店の13社ほどが組んで、「業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。」とかいうノリで、何かをおっぱじめるらしい。
この記事を読んだだけでも、全く関係ない私が赤面してしまうほど、利用者を置いてけぼりにした展開だ。

対アマゾン、電子書籍で連携 書店や楽天など13社、めざせ「ジャパゾン」(朝日新聞)

内容としては、楽天、ソニーなどの13社ほどで「電子書籍販売推進コンソーシアム」を設立し、紀伊国屋、三省堂、有隣堂、今井書店の店頭で、電子書籍を販売する計画とのこと。
ネットよりも書店で先行販売したり、電子書籍の作品カードを並べ、店頭で決済、カードに書いてある番号で電子書籍をダウンロードする仕組みを展開するとのこと。続きを読む

電子書籍を読むならE Ink端末がおすすめな6つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Kindleの上陸で、電子書籍への感心がようやく高まってきたように感じる。すでに購入を決めていて、タブレット型の「Kindle Fire」か、E Ink型の「Kindle Paperwhite」かで悩んでいる人も多いだろう。
今回は一家に一台、もとい、一人一台持つことをおすすめしたいE Ink型の電子書籍端末のメリットを紹介したい。

DSC03379

私自身は「Sony Reader PRS-T2」を使い始めて1ヶ月ほどが経過したところだ。ここのところ読書がまったくできていなかった自分にとっては信じられないぐらい読書がはかどった。電車に乗る時間を利用して1ヶ月で6冊ほど読んでみたが、満足度の高い製品だと感じている。実感とともに6つのポイントを紹介する。続きを読む

Kindleがいよいよ日本で発売、気になるポイントのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AmazonがついにKindleの予約販売を開始した。「Kindle Paperwhite」は11月19日、「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」は12月19日に発売。Kindle Storeは10月25日に先行してオープンする。
(すでにKindleでの取扱書籍は確認できる)

f488355f

年内発売をジェフ・ペゾスが4月頃に公言してから、待ちわびた人も多いと思うが、ついに予約販売が開始された。
出版社との契約に苦戦していることが度々報じられてきたが、蓋を開けてみれば日本語書籍5万点という、先行するSony ReaderやKoboと大きな差はない状態でのスタートとなった。

Kindleの購入を検討するうえでいくつかポイントになりそうなことを以下にまとめた。続きを読む

楽天の電子書籍ストア「Raboo」終了に思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天は25日、2011年8月にオープンした電子書籍ストア「Raboo」を2013年3月末で終了することを発表した。販売は2013年1月22日に終了する。

raboo

楽天は電子書籍端末「kobo」発売に伴い「Raboo」とは別に「koboイーブックストア」を2012年7月に立ち上げている。流れとしては予想できたことだが、予定されていた「koboイーブックストア」との統合は行われず、購入したデータは引き継がれることなくサービス終了となる。
同じ会社のサービスで統合ができないというのは、規格や契約上の問題が大きいということだろうか。これは今後電子書籍ストアが閉店するような時に、他のサービスに統合されるのは期待できないということなのかもしれない。
(Rabooで書籍を購入した人向けの特典もあるが納得できるものではないだろう。→ Rabooサービス終了のお知らせ続きを読む

またしても日経がSony Reader発売日にKindle日本発売の報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞は9月21日深夜、Kindleが10月にも日本で発売する見通しであることを報道した。
この報道を見たとき「またか」と思うと同時に、なんだかあきらめの心境にも陥った。

kindle

9月21日はソニーの電子書籍端末の新機種「PRS-T2」の発売日だ。これに反応するように日経は「複数の大手出版社幹部」からの情報としてKindle日本発売の報道を行った。
「またか」というのは、「PRS-T1」が発売した2011年10月20日にも日経は「Kindleが年内に日本で電子書籍事業に参入」すると報道しているからだ。(元記事はすでに削除)

1度ならば偶然と言えるかもしれないが、2度も同じ日にKindleの報道がなされたとなれば、Amazonが買い控えを狙って意図的に情報をリークしたと考えてしまう。
実際私もずっとKindleの登場を待っていたのだが、待ちきれずSony Reader「PRS-T2」を購入したばかりだ。
まだ発表できるほどの見通しが立っていないため、時間稼ぎで情報をリークしているのではないだろうか。日経が意図的なのかそうでないのかはわからないけども。続きを読む

Amazonの電子書籍「Kindle Store」が年内に日本参入

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞社が10月20日に報じたところによると、アマゾンの電子書籍ストア「Kindle Store」が年内にも日本でサービスを開始する見通しとなったようだ。
現在、小学館や集英社などの出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入っているという。電子書籍端末「Kindle」も日本で発売する予定だ。

kindlejpeg

アマゾンは講談社や新潮社などとも交渉しており、1〜2ヵ月以内に数社との契約を目指しているようだ。すでに中堅出版のPHP研究所とは合意に達しており1000点の書籍を電子化して提供する予定。

米国の電子書籍市場ではアマゾンに価格決定権があり、紙の書籍に比べて5割引やときには9割引といった値付けをすることがあり、安売りを警戒する日本の出版社が難色を示していた。
しかし、アマゾンは価格設定や値下げのタイミングを両者が事前に協議する仕組みを提案し、譲歩した形となったようだ。続きを読む

ソニー、「Reader」の3G+Wi-Fi対応の新モデルを発表 -- 楽天のRabooや紀伊國屋書店BookWebにも対応予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーの電子書籍端末「Reader」の新モデルが9月29日発表された。あらたに通信機能を搭載し、3G+Wi-Fiモデル「PRS-G1」を11月25日から、Wi-Fiモデル「PRS-T1」を10月20日から発売する。

reader

なんといっても今回の大きなポイントは通信機能を搭載したことだろう。いままではPCで書籍を購入し、端末に転送する必要があったが、これからは「Reader」から直接購入することが可能になり、いつでも読みたい書籍をダウンロードして読むことができるようになる。
これでようやく最低限の要件を満たしたといえるだろう。

辞書にあらたに「大辞林」を追加。Macにも対応


「PRS-T1」の重さは世界最軽量となる約168g(従来比約47g減)、「PRS-G1」は約185g(従来比30g減)と軽量化されており、2GBの内蔵メモリとmicroSDHCカードスロットを搭載する。
辞書機能に新たに「大辞林 」が加わり、従来からある英和辞典(ジーニアス英和辞典 第四版)、英英辞典(New Oxford American Dictionary, Second Edition)と合わせて3冊の辞書が搭載された。
いままでWIndowsのみをサポートしていた端末への転送ソフト「eBook Transfer for Reader Ver. 2.0」が、新たにMac OSにも対応した。続きを読む

ソニー、電子書籍端末「Reader」を発売時より1万円の値下げに

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーは、電子書籍端末「Reader」2機種のソニーストアでの販売価格を、発売時の価格より最大1万円安い大幅な値下げを行った。6型の「Touch Edition PRS-650」が1万4800円、5型の「Pocket Edition PRS-350」が1万2800円となり、底値ともいえそうな価格になった。

sonyreader

「Reader」は2010年12月10日に発売されており、そろそろ1年を迎えようとしている。発売時には6型が2万4800円、5型が1万9800円だったため。6型に関しては1万円の値下げされたことになる。
そろそろ新製品が出てもおかしくないところだが、つい先日となる8月31日に海外モデルとして新製品「Sony Reader PRS-T1」を発表している。この製品は、タッチスクリーンの機能が向上し、Wi-FI機能を備える。
発表時の販売国に日本は含まれていないが、もしかしたら同スペックのモデルが近々日本でも発表されるのかもしれない。続きを読む

インプレス、「インターネット白書」「ケータイ白書」の電子書籍版を紙の書籍の半額で販売 -- 全額寄付のチャリティ企画も

このエントリーをはてなブックマークに追加
インプレスR&Dは、現在紙の書籍で販売している「インターネット白書」と「ケータイ白書」の電子書籍販売を4月18日より開始した。
同時に、その売り上げの全額を被災者支援のための義援金として寄付する1か月限定の電子書籍チャリティー企画を実施する。

imp_01imp_02


『インターネット白書』は、日本のインターネットの状況を独自の利用動向調査と専門家のレポートをまとめた年鑑で、『ケータイ白書』は携帯端末のインターネット化に伴うモバイルビジネスの成長を独自の利用動向調査と専門家のレポートをまとめた年鑑だ。
インターネットやケータイビジネスを考える上で、有益なデータが沢山詰まっており、筆者もウェブの企画を考える際には、よく目を通させていただいていたので、これを機会に入手させていただいた。続きを読む

Kindleもブラウザで全文閲覧が可能に -- Kindle for the Webで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonは12月7日(米国時間)、Googleの Chrome OS / Chrome Web Store 発表イベントで、Kindleの書籍をウェブブラウザ上で購入と全文閲覧を可能にすることを明らかにした。

kindleweb

Amazonは9月にベータ版として「Kindle for the Web」をリリースしていたが、いままでは最初の一章のみの試し読みしかできなかった。
今回「Kindle for the Web」を刷新し、書籍の購入と全文閲覧までが行えるようになる。これによりKindleで購入した書籍をウェブブラウザ上で、ファイルをダウンロードすることなく閲覧できるようになる。新しい「Kindle for the Web」は数ヶ月以内にリリースされるとのこと。続きを読む

Google、ebookstoreオープン -- 無料書籍を中心に300万タイトル以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Editionsの名前で米国版が年内に登場することが予告されていたGoogleの電子書籍ストアが「Google ebookstore」という名前でついに公開した。

googlesotre

Google ebookstoreは現在アメリカでは300万以上のタイトルが入手可能で、有料の書籍は数十万タイトル、著作権切れの無料書籍は200万タイトル以上のが用意されている。
日本語版もオープンしているが、いまのところ有料書籍はなく無料の書籍のみが入手できる。続きを読む

eBookJapan、iPadでの電子書籍の売上がiPhoneの2倍に急伸

このエントリーをはてなブックマークに追加
コミックを中心に39,000点以上の電子書籍を販売する「eBookJapan」はiPadでの電子書籍の売上がiPhoneの2倍に急伸したと発表した。



eBookJapanは、業界の先陣を切ってマルチデバイス対応サービスの第一弾を2008年11月19日からiPhone/iPod touch向けに開始。2010年5月28日にはiPad向けサービスを加え、7月1日にはiPadの操作性に適したiPad専用サイトをオープンするなど、積極的にiPhone、iPadへの対応を進めていた。


続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net