TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

Twitter

mixiはもはや「人」が軸のSNSではなくなりつつある

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんは現在mixiを使っているだろうか。「一体誰がmixiを使っているのだろう?」と疑問に感じてしまうぐらい、私の周りでは「mixiはたまにログインするぐらいでほとんど使ってない」という声が多く聞こえてくる。

mixi

40人ほどいる私のマイミクも、「日記」を更新する人は月に2、3人いればいい方で、大半が「mixiボイス」しか更新していない。先日話題になったmixiの訪問者減のニュースに関しても「実感に近い」といった反応を示すユーザーが多くみられた。

しかしながら、mixiの月間アクティブユーザーが1500万人であるのに対して、Facebookは500万人と依然として日本最大のSNSである状況に変わりない。
それでは、なぜこのような感覚のギャップが生まれているのだろうか。もちろん私自身がmixiのコアユーザー層から大きく外れているであろうことは考慮する必要があるが、私は以下の3つの可能性があると考えている。

  1. FacebookやTwitterにユーザーが流れている
  2. 学生しか使ってない
  3. ログインしかしない人と、コアユーザーの2極化が進んでいる

この3点に関して詳しく説明していく。続きを読む

GREE、モバゲーは会ったことがない友人が7割、利用目的は暇つぶし -- オリコンSNS実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリコンは2010年の「SNS実態調査」の調査結果を12月15日に発表した。調査は11月29日~12月1日までオリコン・モニターリサーチ会員1000人を対象に10代、20代、30代、40代、50代の男女、各100人に対して行われた。

oricon

調査内容はSNSの利用率や、利用目的などはじめとして様々な内容の調査が行われており、大変興味深い内容になっている。今回の調査結果でそれぞれのSNSの利用目的が、mixiとfacebookが「コミュニケーション」、Twitterが「情報収集」、GREEとモバゲーが「ゲーム」となっていることが改めて鮮明に現れている。続きを読む

日本におけるTwitter訪問者は1年で428%の成長、mixiを逆転間近

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月7日にコムスコアが発表した調査結果によると、日本に2010年9月の訪問者が1320万人となり、1年で428%成長したことが明らかになった。

comscore

第一位のmixiは1350万人であり、その差はわずか30万人となっており、間もなく逆転しそうな勢いだ。続きを読む

Facebookが普及する時が来た -- Twitterが変えたソーシャルネットワークへの意識

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここのところ日本でもFacebookが普及の兆しを見せているが、Facebookが普及することに懐疑的である人も多い。
Facebookが日本語に対応したのは2008年5月。世界に5億人ものユーザーがいるにもかかわらず、日本語に対応してから2年経過して160万人の会員数となると、日本では普及が難しいと思われても無理もない。

facebook

しかし、これまでは普及の兆しをいまほど感じた事はなかった。なにが変わったのだろうか?
Facebookが洗練されたのだろうか?それともユーザーのニーズが変わったのだろうか?今回はその点について考えてみたい。

1つの重要な要素として、Facebookが洗練されたということは確かだろう。日に日に気の利いたUIへと改良が施され、2年前とは別物といってもいいぐらい改良されている。そして、満を持してFacebook日本支社も今年設立され、日本市場に本格的に乗り込んだのも1つだ。

しかし、私が最大の要因と考えているのは、ユーザーのソーシャルネットワークに対する意識の変化が起こったからなのではないかということだ。続きを読む

これからのSNSに相応しいのはmixiかfacebookか、SNSは何の為に利用するのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月10日にmixi meetup 2010が開催され、数々の発表が行われた。この発表は世界に5億人以上のユーザーを持つFacebookを強く意識したものであったといえるだろう。今回はこのmixi meetup 2010を振り返りながら、今後のソーシャルネットワークの動向について考えていきたい。



ここのところ「世界で5億人のユーザーを持つFacebook」と「日本で2100万人が利用しているmixi」、そのどちらがこれからの日本の代表的なSNSになるのがふさわしいかを考えていた人は多いのではないだろうか。

日本では圧倒的に普及しているmixiだが、facebookが2010年4月11日に発表した「オープングラフ」によって多くの人がFacebookに関心を持った。

このオープングラフというのはソーシャルネットワークで繋がっている友人や知人の嗜好があらゆるウェブサイトに広がっていくものである。代表的なものは「Like(いいね)ボタン」だ。オープングラフに関しては、以前記事にしているので、そちらを参照頂くのがいいと思う。

今回の発表で注目すべき点はやはりこのオープングラフというキーワードだ。
続きを読む

Twitterは何を変えたのか、そして個々が価値観を生み出していく時代へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、情報収集ツール調査でツイッターが全世代でトップだったという調査結果があったが、Twitterはそろそろキャズムを超えたと言っていいのかもしれない。


私はIT系の人とばかり絡んでいるので肌感覚として実感を得るのは難しいが、ユーザー層を広げ続けている状況であることは確かだと思う。

さて、Twitterは「140文字内でいま考えていることを投稿するだけ」というシンプルなツールだが、Twitterがどのような変化をもたらしたのか今日はそのことについて考えてみたい。
続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net