英文記事のわからない単語にルビを振ってくれる「ずるっこ」が使える!ついでに日本のニュースを英語で読めるサイトを6つ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文記事を読んでいる時にわからない単語があると、ついついその場で調べてしまって、読み終わるのにやたらと時間がかかったりする。
今回紹介する「ずるっこ」は、いちいち調べることをせずとも、英文記事をスムーズに読むことを可能にしてくれるサービスだ。

zurukko

このサービスは英語の記事等を読む際に、まだ覚えていない英単語にだけ日本語の意味のルビ (ふりがな) を振ってくれるというサービス。実際に使ってみるとこんな感じで表示してくれる。

zurukko2

英文の上部にグレーでルビが振られ、ロールオーバーをするとさらに詳細な意味が表示される。加えてロールオーバーしている単語が同ページ内にあれば、そこも赤く囲まれる。

わからない単語だけにルビが振られる

最初はすべての単語にルビが振られるが、このサービスのすごいところは、わかる単語を登録することが出来る点。わかる単語がある場合は、単語をクリックするだけでルビが表示されなくなるので、わかる単語をどんどん登録していけば、自分がわからない単語だけにルビが表示されるようにできる。
使い方は簡単で「ずるっこ」のサイトに訪れて、読みたいページのアドレスを入力するだけ。ブックマークレットも用意されているので、読みたいページに訪問した際に利用することも可能だ。
このサービスを使えば、英文記事を読みながら単語力を鍛えることができそうだ。

英文記事になれる為に、まずは日本のニュースを英語で読んでみる

ただ、英文を読む際に背景がわからないと、いくら単語がわかっても理解が難しいこともある。そこで、英文を読むことになれる為に、日本のことを英語で配信しているニュースサイトを読んでみるというのも一つの手だ。日本のニュースが英語で読めるサイトを最後に紹介する。
JAPAN TODAY(単語が簡単なものが多い)
JAPAN TIMES
NHK WORLD
DAILY YOMIURI ONLINE
The Asahi Shimbun
The Mainichi Daily News
私も毎日英文を読む習慣をつかなくては・・。

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。