クリエイターやブロガーをみんなで支える世界を創るかもしれない「Grow!」が正式リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベータ版として2011年4月からサービスを展開していた「Grow!」がリニューアルし、2012年1月10日に正式版としてリリースした。
「Grow!」はクリエイターやアーティスト、ブロガーなどのコンテンツ制作者に、ボタンをクリックするだけで簡単にチップを贈れる仕組みを実現したソーシャル・チッピング・プラットフォームだ。

grow

これは私がとても広がって欲しいと思っているサービスの1つだ。
まだ名前が売れていないクリエイターやブロガーのつらい時期を、世の中全体で支えられる土壌ができれば、可能性のあるクリエイターが埋没せずにもっと楽しい世の中になるんじゃないかと、最近しみじみ感じている。
例えば、ブロガーなんかだと、ブログ単体で収益を得るには、広告やアフィリエイトに頼らざるを得ないのが現状で、そうするとPVを集めることが効率的になってしまう。
そうすると、PVが集められる記事を書くことが目的になってしまって、本来書きたいものを書くという機会がどんどん失われてしまうということがある。
もちろん需要のある記事を書くことは大切だが、自分が追求したいものとはずれていってしまうということがある。それは本来、求められている作品を埋もれさせてしまっていることなのかもしれない。
アーティストやクリエイターも本当に自分が作りたいものを作り続けることは難しい。私自身、いい作品に偶然出会うことは多いが、ただ通りすぎてしまうことも多い。でも、それは将来出会えたかもしれない素晴らしい作品に出会う機会を逃してしまってることなのかもしれない。
「Grow!」は、クリエイターやブロガーが本当に作りたい作品を世に出しながら、それを偶然見たような人でもすぐに支援できる仕組みを実現している。もちろんファンであれば継続的に支援することもできる。Grow!は「アーティストが作り続けたい作品」に対して、「それをお金を払ってでも評価する人」を目に見える形にしてくれるサービスでもある。

Grow!は使う敷居が極めて低いのもポイント

「Grow!」を利用したい場合はアカウントを作成する必要があるが、登録は極めて簡単なものになっている。支援されたい側は管理画面で取得できるソースを入手して、サイトにGrowボタンを設置するだけ。支援したい側はあらかじめGrow!ポイントを1G!=1ドルで購入したうえで、サイトに設置されたGrowボタンから1G!〜100G!のポイントを選んで贈ることができる。
Grow!する際にTwitterやFacebookでシェアすることもできるので、Grow!されたものが広がっていく仕組みもある。
Grow!のアカウントを作成するとGrow!内に自分のページが作成されるが、そこにもGrow!ボタンが設置されており、ここでGrow!をもらうことができる。(私のページ
受け取ったGrow!ポイントは10Grow!につき、600円分のAmazonギフトカードと交換することができるようになっている。
Grow!のファウンダーであるカズワタベ氏はこのようにTwitterで述べている「実は収益云々よりも、Grow!されたということ自体が思っている以上にものづくりをしている人のモチベーションになります。どっちかというと、そっちの感情的な部分の方が大事。」
目に見える支援が、モノづくりのモチベーションにつながることは間違いない。Grow!が挑戦しているのは、より多くの人がクリエイターを自然に支援するような、新しい文化を根付かせるという意味合いもあるのではないだろうか。
自分が応援したいアーティストをより直接的に応援できる仕組み。Grow!はその代表的な手段となるかもしれない。
TECH SE7ENでも記事下に「Grow!」ボタンを設置しているので、是非!
Grow! – Social Tipping Platform

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。