このエントリーをはてなブックマークに追加

iTunesで11月17日に販売開始されたビートルズの楽曲だが、販売開始からわずか7日間で45万枚以上のアルバムと200万曲以上のシングルが販売されたことが明らかになった。

beatles_11

これはとても驚くべき数字なのではないだろうか。なぜなら1曲も新曲が含まれていないにも関わらず、これだけの曲が売れてしまったからだ。
しかも、ビートルズに多少興味をもった人であれば、誰もがすでになにかしらのベスト盤を入手していることだろう。
これを受けてEMIの関係者は「とても信じられない功績だ」と述べた。

しかし、この成功とは裏腹に、イギリスでは11月21日にトップ40にランクインしたのは「Hey Jude」のみだったようだ。日本でも、11月24日の時点で21位に「Let It Be」のみがベスト40にランクインしている。ちなみに「Hey Jude」は52位だった。

アルバムに関しては「The Red Album」と「The Blue Album」がイギリスでランクインしたようだが、日本も同様にこの2作品が人気だ。
しかし興味深いのは日本の11月24日のアルバムチャートの21位に23000円の「The Beatles Box Set」がランクインしていることだ。一体どれだけの数量が売れているのだろうか。他には「Let It Be」がランクインしている。

業界関係者は「全部の曲を同時に販売開始するよりも、リリースをずらしたほうがより効果的だったかもしれない」と述べている。
しかし、各国のチャートをビートルズが占領していないにも関わらず、これだけの販売があったということは世界中でビートルズの曲が愛されていることのあらわれなのかもしれない。

ビートルズ(iTunes Store)

情報元:guardian.co.uk

このエントリーをはてなブックマークに追加 
follow us in feedly