TECH SE7EN

ソーシャルメディア、ガジェットの「いまがわかる」ブログメディア。テックセブン。

Apple Musicは音楽サービスの完成形ともいえる素晴らしい出来だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

月額定額制の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」が7月1日からいよいよサービスを開始した。
正直なところ、使う前まではそれほど期待していなかったのだが、使ってみて数分で「こんなサービスを待ってたんだよ!」と叫ぶたくなるぐらい感動してしまった。

このサービスは、Appleが音楽の分野でこれまでやってきたことの集大成なのではないかとまで思えたが、その魅力についてまとめておきたいと思う。
ただ、サービス開始時点では邦楽はかなり物足りない状況なので、「Apple Music」の良さは洋楽を聞く人だけが感じられるものになるだろう。その点はあらかじめ伝えておきたい。

applemusic1


まず音楽ストリーミングサービスの状況をおさらい


音楽ストリーミングサービスに関しては、最近日本でもサイバーエージェントとエイベックスが「AWA(アワ)」を5月27日に開始し、LINEも「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を6月11日に立て続けに開始しており、話題になっているところだ。
海外では「Spotify(スポティファイ)」が音楽ストリーミングサービスとして台頭しており、会員は7,500万人、そのうち有料会員が2,000万人を超えるほどの利用者を集めている。続きを読む

疑問だったiPhone6の画面拡大、いまや完全に納得

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6。発売日にiPhone5Sから機種変更して1週間ほど使ってみた。以前から持っている4.7インチのAndroid端末にはあまりしっくり来ていなかったこともあり、同じく4.7インチになったiPhone6にはあまり期待していなかったのが正直なところ。
それがもうiPhone5Sには戻れないと感じるほどの満足感を得ている。

DSC00908


不思議なもので、いま5S触ると、かなり昔の製品を触っているかのような感覚になる。すごく小さくてちゃっちく感じるし、いままで使っていたとは思えないほどだ。続きを読む

【ご報告】プレイドがフェムトグロースキャピタルなどから1.5億円の資金調達を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日に引き続きご報告です。6月より正式にメンバーとして参加している株式会社プレイドがフェムトグロースキャピタルなどから1.5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

リアルタイム解析により新たな「ウェブ接客」を実現するプレイド、フェムトグロースキャピタル他より1.5億円を調達

プレイドは、リアルタイム解析でウェブサイトの訪問者の特徴を可視化し、それに応じたアクションを自動で実行する「ウェブ接客」ツール「KARTE(カルテ)」を提供する企業で、今秋に予定している一般リリースに向けて準備を進めている段階です。当面はECサイトに向けてサービスを提供していきます。

karte-image1


フェムトグロースキャピタルは、「起業のファイナンス」などで著名な磯崎哲也さん率いるベンチャーキャピタルです。プレイドの社外取締役にも就任頂きました。さっそく、isologue(イソログ)で紹介頂いています。
株式会社プレイドに投資いたしました!


私がプレイドに参加したのはちょうど1年ほど前。その頃にはすでにこのサービスの構想があり、開発が進められている段階でしたが、初めて聞いた時に「これは確実に求められるサービスになるなぁ」と感じ、是非お手伝いしたいと思いました。
現在の私の役割は広報とメディア運営ですが、初期はUIデザインなどもお手伝いしていたので、そのサービスがいよいよ日の目を見ようとしていることに、なかなか感慨深いものがあります


「KARTE」はウェブサイトのあり方を変えるサービス


「KARTE」は、リアル店舗で当たり前のように行われている「相手の状況にあわせた接客」をウェブサイトでも可能にするサービスです。おそらくウェブサイトで接客された経験がある人はほとんどいないかと思いますが、KARTEはそれをあたり前にしようとしています。
ウェブサイト上での接客を実現するために、リアルタイムで訪問者を解析し特徴を可視化したうえで、その特徴に沿った提案を自動で行います。

karte-image2

例えば、常連客が訪れた時に「特別な商品を紹介」したり、購入を迷っている人に「不明点はありませんか?」とメッセージを表示したりすることが可能です。いままでは、メールで行っていたようなことも、お客様がサイトに訪問している間にアクションを起こすことができるのも魅力のひとつです。
要は、訪問者がどのような状況にいるのかがわかるようになるので、必要なあらゆる接客が可能になるということです。

このサービスはGoogle Anallyticsのように数行のコードをウェブサイトに埋め込むだけで、利用することができます。訪問者に対するアクションも自動化することができるので、サイト運営者の手間を増やすことなく、訪問者に対して効果的なアプローチを継続して行うことが可能になります。
秋の一般リリース時には、セットすべき施策がスイッチひとつでオンにできるテンプレートも用意する予定なので、KARTEを導入してすぐに活用できるようになりますので、導入するだけでメリットを感じていただけると思います。


WANTEDLYでの求人を開始!


今回の調達にあわせてWANTEDLYでエンジニアの募集を開始したので、是非応援とシェアをお願いします。データベース・解析・機械学習といったキーワードにピンとくるかたは是非ご応募ください!
(是非「応援する」ボタンを是非押してくださいませ。1日1回押せます)

【WANTEDLY】
データ解析×最適化サービスで世界に挑戦したいエンジニア募集!


これからが本番なのは言うまでもありませんが、広報としてKARTEの認知拡大に貢献するよう、出来る限りのことをしていきたいと思います。
以下はメンバーの集合写真。撮影は大好きなカメラマン 馮 意欣 さんにお願いしました。

_J2A7590

創業者は楽天出身なので、ECへの勘所がありますし、CTOも東大でコンピューター・サイエンスを先行し、2009年に未踏本体採択された人物なので、なかなか面白いメンバーが揃っていますので、是非今後の動向もチェックして頂ければと思います。

あと、EC特化型メディア「Shopping Tribe(ショッピングトライブ)」もプレイドの事業として運営しているので、是非こちらもチェックしてください。

--------
早速いろいろなメディアに取り上げて頂きました。ありがとうございます!

[TechCrunch]
ECサイトの接客ツールを開発するプレイド、フェムトから1.5億円を調達

[THE BRIDGE]
ECサイトのリアルタイム解析を提供するプレイドがフェムトグロースキャピタル等から1億5000万円の資金調達

[CNET Japan]
ECサイトでリアル店舗の“接客”を実現する「KARTE」--今秋に提供へ

[THE STARTUP]
きめ細かな「ウェブ接客」を実現する「Karte」を運営するプレイド、フェムトから1.5億を調達

[Venture Now]
プレイド、フェムトグロースVCら1.5億円調達 ― 社外取締役に磯崎氏

[メンバーのブログ]
プレイド:1.5億円資金調達のご報告

フリーランスやめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はご報告です。2014年5月末をもってフリーランスをやめて、6月から会社に正社員としてお世話になることになりました。

DSC00859


フリーランスになったのは2010年3月なので、約4年間フリーランスとして活動していたことになります。
フリーランスの間は、様々な企業様にお世話になりつつ、いろいろなことに挑戦することができました。4年間フリーランスとして活動を続けられたのも、仕事をくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。


フリーランスになった理由


そもそもフリーになった1番の目的はウェブサービスに関わっていくためでした。
フリーになる前は10年間以上ウェブ制作会社にお世話になっており、デザイナー、ディレクターを経て、後半は営業として様々な企業にウェブサイトリニューアルなどの提案をさせて頂いていました。
天職と思えるほど、面白みを感じていた一方で、ウェブサービスに関わっていきたいという思いが強くなっていました。

最初はウェブ制作会社への転職を考えていたものの、自分のやりたい方向の仕事だけに絞って経験を積んでいくためには、フリーになることが一番という結論に達し、独立しました。


フリーランスでの経験


このTECH SE7ENも、フリーランスになると同時にはじめたものです。自分のネット上の知名度が全くない状態をなんとかしたくて、TECH SE7ENをはじめました。

それまで文章を書くことには苦手意識があるぐらいだったのですが、多くの人に読んでもらうことができて、想定していた以上にこのブログを通して成長させてもらったように思います。
初めてすぐの頃に、ライブドアがブロガーを支援するために新設した「ブログ奨学金制度
の記念すべき1期生に選んでいただいたり、ブログを読んだ方の依頼で本の執筆をさせていただいたり、有名雑誌の特集を担当したり、様々な執筆のお仕事を頂く幸運に恵まれました。
フリーになったときは想定外でしたがメディア運営に興味をもつようになりました。

そして、念願だったウェブサービスを自ら立ち上げることができました。
現在も運営中のソーシャル映画レビューサイト「CineMatch(シネマッチ)」を2012年8月にリリースしました。いろいろな事情があり、当初予定していたアプリのリリースがいまだ行えていないなど、サービスとしての課題が多々ありますが、使って頂いている皆様には大変感謝しています。

cinematch


できれば、ブログとウェブサービスの運営だけで、食べていけたらと思っていたのですが、なかなか難しい面もあり、後半はウェブ制作の仕事も請けていましたが、そんな中で出会ったのが6月からお世話になる会社です。


ベンチャー企業に参画します


6月1日から所属するのは株式会社プレイドというベンチャー企業です。現在EC事業者向けのサービスを鋭意開発中で、まさにこれから成長を目指す企業です。

開発中のサービスについては近日中に改めてご紹介する機会があると思いますが、最初にサービスの構想を聞いたのは1年前になりますが、その段階で大きな可能性を感じたことはいまでも記憶に新しいです。

ここでは最初にデザイナーとしてお手伝いし、サービスの最初の画面デザインやコーディングなどを担当していましたが、昨年末にオウンドメディアを立ち上げる話が持ち上がり、役割をメディア運営にシフトしました。

プレイドでの私の役割は2つです。

1つ目は昨年11月25日立ち上げた、Eコマースの話題を中心に扱う「Shopping Tribe(ショッピング トライブ)」の運用です。

shoppi


立ち上げからフリーランスの立場で、編集長として運用してきましたが、おかげさまで大変好調なこともあり、より力を入れて運用していくことになりました。

現在ちょうど公開から半年を経過したところですが、5月には月間25万ページビューに達し、まだまだ小さいメディアながら順調に成長を続けています。

Shopping Tribeでは、ネットショッピングに関するニュースを中心に、リアル店舗におけるITを駆使した取り組みなどを幅広く扱っていて、EC業界の方だけでなく、ネットでショッピングを楽しむ方にも面白いメディアになるように運営していますので、是非チェックして頂ければと思います。

2つ目は、現在開発中である新サービスの広報を担当します。
メディア側として広報の方に接することは多々ありましたが、広報の立場に立つことは初めてのことです。
現在運用しているShopping Tribeでも様々な広報の方にお会いする機会がありますが、皆さんとても魅力的な方ばかりなので、萎縮してしまう気持ちもありますが、非常にやりがいを感じています。
これから各メディアの皆様にはお世話になるかと思いますので、是非よろしくお願いします。広報の先輩方も是非アドバイス頂ければ幸いです。


フリーランスをやめる決断ができた理由


さて、長くなってしまいましたが、そろそろ締めたいと思います。

フリーランスをやめる決断ができた理由は2つです。1つは面白い仕事に出会えたこと。もう1つは注力したいと思ったことです。

Shopping Tribeは一人で執筆もこなしている状況ですが、運営が非常に面白いと感じています。まずEC業界を追うことが面白いです。

非常に活発に動いている業界で、毎日のように大きなニュースが流れています。
これまでEC業界にいた人間ではないので、非常に勉強しなくてはならないことが多いですが、それもまた楽しく、これから得なければいけない知識のことを想像してわくわくするぐらいです。
非常に反響もあり、このメディアはまだまだ成長できると確信していますが、これからShopping TribeをEC業界で大きな存在感を示せるメディアとして成長させていきたいと思います。

もう1つの広報は、何より魅力的と思えるサービスを広めることに挑戦できることに、やりがいを感じます。
皆さんのネットショッピングにおける体験を変える可能性があるサービスですし、いいメンバーも揃っています。これから広報を行っていくことが本当に楽しみです。

そして、注力したいと思ったこと。
より会社を成長させるために、集中して取り組みたいと思いました。
フリーランスでは、個人で仕事をやることが大半だったこともありますが、成功を一緒に分かち合うという経験が乏しかったです。
やはり仲間と成功を共有して喜びあいたいですし、1社の成長に貢献するスタイルのほうが、自分にあっているように思えました。やはり責任をとっていきたいというか、より深くコミットしていきたいという感じです。

プレイドでの仕事は、フリーでの経験を活かすことができるものだと感じています。あまり計画的ではなく、がむしゃらに目の前のことに取り組んできましたが、こうして力を発揮できる場に立てたことを嬉しく思っています。

というわけで、今後とも株式会社プレイドとShopping Tribeともども、応援して頂ければと思います。

ここのところShopping Tribeに注力していたこともあり、更新が止まっていたTECH SE7ENですが、こちらも続けていきますので、更新を楽しみにして頂ければと思います。今後ともよろしくお願い致します!


Shopping Tribe
http://shopping-tribe.com/

都知事選の高齢化は都民自らが産み出したもの ー 若者であるほど投票するべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月9日、今日は東京都知事選の投票日だ。すでに投票に行った方も多いと思うが、12時30分現在の推定投票率は7.29%で、前回同時刻を10%以上下回る数値となっているようだ。

今回の都知事選は候補者が高齢であることで話題になった。平均年齢は約67歳であり、最も若い家入一真氏が35歳、その次に若い中川智晴氏は55歳といった形だ。

この状況を冷笑して「投票してもしょうがない」といったあきらめの感情を抱いている人も少なくないようだ。

しかし、良く考えてみれば、この現状を作り出したのは、投票率が低い若者が原因であるとは考えられないだろうか。

下記は2012年12月に行われた前回の都知事選の年代別の投票率を表したグラフだが、前回は20代が46.5%、30代が55%、40代が63.6%、50代が70.3%、60代が75.4%、70歳以上が67.6%といった結果だった。

vote1


年代が高まるほどに、投票率が高くなる傾向にあることは一目瞭然だが、実際の年代ごとの投票数で見ると、その差はさらに大きなものとなる。
2014年1月の東京都の年齢別の日本人の人口を元に、上記の投票率で投票する人数を年代別に表すと以下のようになる。続きを読む

キリンとファミマが謎の自粛「カエルキャラとフォアグラにNG」がどう考えてもおかしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はまさに目が点になるような不思議なニュースが相次いで話題になっていたので、軽くご紹介します。世の中がおかしくなったんでしょうか。私がおかしくなったんでしょうか。

さて、それでは早速ご紹介します。

キリンの場合


まずはキリン チューハイが1月17日に放送を開始したCMを中止することが明らかになったようです。大沢たかおが出演しているCMですね。

kaeru1

20日にこのCMを見たアルコール問題を扱う団体から「キャラクターを使った表現方法が未成年者の関心を誘い、飲酒を誘発しかねない」と指摘を受け、中止を決定したようです。続きを読む

私がテレビを見なくなった4つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところ「なぜ若者はテレビを見なくなったのか」という話が、よく話題にのぼる。先日もラジオで博多大吉さんが語った「今の20代がテレビを観なくなったワケ」という話が話題になった。
というわけで、今回は自分がテレビを見なくなった理由を考えてみた。

notv

まず前提として、私の歳は30半ばなので全く若者ではない。でもテレビはほとんど見ていない。録画してみるということもなく、ほんとにテレビを見ていないという感じだ。妻がテレビを見ているのを一緒に見ることがあるというぐらいで、自分から見るということはほとんどない。

今回の話は、ドラマ以外の番組を指すものが多いと思う。なぜなら、ドラマはコンテンツとして独立した面が大きいのでちょっと「テレビを見なくなった理由」として考えるのは難しいからだ。

では、4つの理由を説明していく。ちなみに、正月に久しぶりにテレビをちょこちょこ見たので、そこで考えたことが多い。続きを読む

マーティン・スコセッシが娘に書いた公開手紙全文翻訳 ー 「映画の未来は明るい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「タクシードライバー」「グッド・フェローズ」「カジノ」など、数々の名作を生み出したマーティン・スコセッシ監督が、14歳の娘フランチェスカさんに送った公開手紙が話題になっている。
71歳を迎え、「映画はあと2、3本くらいだろう」と語ったばかりのスコセッシ監督が、映画の現在と未来について、そして人生において大切なことについて語った。

995039_490041611065826_1650888261_n

今回は手紙の全文を翻訳したので共有したい。原文はこちらで確認できる。より最適な訳し方があれば是非助言して頂きたい。続きを読む

日本の新鋭メーカー、バルミューダの家電がかっこよすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、バルミューダという家電メーカーをご存知だろうか?私も知ったばかりのメーカーなのだが、最近ソーシャルメディアで見かけて「見たことない、かっこいい」と思った商品がいずれもこのバルミューダの商品とわかって、少しばかりの興奮を覚えているところだ。
しかも日本のメーカーで、2003年3月に東京吉祥寺でたった一人で設立され、現在は十数名で動いている会社なんだそうだ。

まずは1つめの商品を見て欲しい。「BALMUDA Rain」という商品だ。

Swipe_08

いかがだろうか。このシンプルで個性的なデザイン。下手したら何の商品かわからない人もいるかもしれないが、これは「加湿器」だ。続きを読む

結局のところコンテンツで勝負する時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

live


違法ダウロード問題に困っていたロックバンド「アイアン・メイデン」の対処法が話題になっている。

英ロックバンドのアイアン・メイデン、ビッグデータを活用したユニークな手法で違法ダウンロードに対処(All Digital Music)リンクが見れない場合はこちら
TechCrunchによると、アイアン・メイデンがMusicMetric社のデータを活用したかどうかは定かではないようです。

アイアン・メイデンは、最も違法ダウンロードされている国に行きライブを敢行。その結果ライブはソールドアウトし、グッズなどから大きな収益を上げることができたという事例だ。
本来であれば取締まるべき相手を味方につけたような格好だ。

この記事を読んで思うところは、コンテンツ提供者に必要なのは、違法ダウンロードやデジタルコピーを阻止することに注力することではなく、インターネットの伝播力を逆に利用して、とにかくファンを作り、そこからどう収益をあげるか、ということを徹底して考えた新しいビジネスフローを開発することに注力するべきではないかということだ。続きを読む

2013年に買って良かったもの7選+番外編

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年もいよいよ終わり・・・ということで、2013年に買ったものを振り返ってみた。その中で、ほんとに満足しているものだけ7選をご紹介。ベタなものが多いかもしれないが、良かった満足しているポイントとともにまとめてみた。

1. NEX-5R



camera


圧倒的に買って良かったのがソニーのミラーレス一眼カメラの「NEX-5R」。これはトータルで考えれば、自分が買った歴代カメラの中でNo.1。いまは常にこのカメラを持ち歩いている。
このカメラの良いところは、小さいのに通常の一眼に劣らないきれいな写真が撮れること。特に背景をぼかしたいい感じの写真がオートで簡単に撮れるのも良い。下の写真は買ったばかりの際にオートで撮影したもの。続きを読む

マクドナルドに行かなくなった4つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock_000019223311XSmall

先日マクドナルドの2013年12月期の連結経常利益が前期比58%減になることを発表し話題になった。原因は客離れで、高級バーガーの展開も不発。不採算店などを110店閉める処置もおこなったという。私の地元のショッピングモールでもマクドナルドが閉店し、驚いていたところだ。

マクドナルド、経常益58%減の100億円 13年12月期(日本経済新聞)

私自身は、マクドナルドのポテトが好きで昔からよく利用していたが、最近極端に行く機会が少なくなったように思う。今日はその理由を自分なりに考えてみた。続きを読む

Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

book

朝日新聞の12月22日の記事が衝撃的すぎて圧倒されている。日本のリアル書店と電子書店の13社ほどが組んで、「業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。」とかいうノリで、何かをおっぱじめるらしい。
この記事を読んだだけでも、全く関係ない私が赤面してしまうほど、利用者を置いてけぼりにした展開だ。

対アマゾン、電子書籍で連携 書店や楽天など13社、めざせ「ジャパゾン」(朝日新聞)

内容としては、楽天、ソニーなどの13社ほどで「電子書籍販売推進コンソーシアム」を設立し、紀伊国屋、三省堂、有隣堂、今井書店の店頭で、電子書籍を販売する計画とのこと。
ネットよりも書店で先行販売したり、電子書籍の作品カードを並べ、店頭で決済、カードに書いてある番号で電子書籍をダウンロードする仕組みを展開するとのこと。続きを読む

サプライズが大成功!ビヨンセがソーシャルメディアのプロモーションだけで驚異的なセールスを記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビヨンセが12月13日、iTunes Store独占配信で発売したニューアルバム「ビヨンセ」が発売から3日間で、米国で61万7200ダウンロード、全世界で82万8773ダウンロードを記録し、iTunes Storeで史上最速のアルバムセールを記録した。同時に世界104ヶ国で1位を獲得し、大きな話題となっている。アルバムには新曲14曲と、17個のビデオが収録されている。
2011年に発売したビヨンセの前回のアルバム「4」は31万枚のセールスだったことを考えると、この記録が当然の結果ではなかったことがわかる。

beyonce1


事前プロモーションも、大々的な宣伝も一切なし


驚くべきなのは記録的なセールスだけではない、このアルバムは事前のプロモーションも、大々的なプロモーションも一切行わず、突然販売を開始して生み出した結果であるということだ。
発売直前に行ったのは、Instagramで「Surprise!」というテキストと共にこのビデオを投稿しただけ。続きを読む

Google Glassが絶対に流行らないたった1つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Glassが着々と準備を進めている。12月17日に今年最後のアップデートを行い、今週にもGoogle Glassと連携するiPhoneアプリ「MyGlass」がリリース予定とのことだ。

Google Glass、今年最後のアップデート - ウインク撮影やロック機能追加(マイナビ)

Google Glassはガジェット好きとしてはわくわくせずにはいられないプロダクトだが、どうしてもクリアできない課題が存在するのではないかと思う。

googleglass


どうしてもクリアできない課題、それは盗撮問題である。これはGoogle Glassが発表された当初から言われていることだが、どうもこの問題に関しては目をつむったまま進められているように思えてならない。
続きを読む
follow us in feedly
記事検索
映画レビュー&ランキングサイト「CineMatch」
Powered by amaprop.net