日本の新鋭メーカー、バルミューダの家電がかっこよすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、バルミューダという家電メーカーをご存知だろうか?私も知ったばかりのメーカーなのだが、最近ソーシャルメディアで見かけて「見たことない、かっこいい」と思った商品がいずれもこのバルミューダの商品とわかって、少しばかりの興奮を覚えているところだ。
しかも日本のメーカーで、2003年3月に東京吉祥寺でたった一人で設立され、現在は十数名で動いている会社なんだそうだ。
まずは1つめの商品を見て欲しい。「BALMUDA Rain」という商品だ。

Swipe_08

いかがだろうか。このシンプルで個性的なデザイン。下手したら何の商品かわからない人もいるかもしれないが、これは「加湿器」だ。


スイッチが見当たらないなど、いろいろ気になる点があると思うが、面白いのは給水方法。
いままでの常識で考えれば、どこかに取り外せるタンクがあって、水をそれに入れる形を想像すると思うが、この商品は水を上から注ぐ形で給水するのだ。極めて原始的な方法だが、なぜか新しい。そしてラクそうだ。

Swipe_02

加湿器の面倒な点はやはり給水だ。大きめの加湿器を使っていると、タンクの大きさや重さで、水をぶちまけてしまうこともしばしば。そういったことから逃れられると思うと、少し魅力的だ。
それから、写真で上面に見えているのは「有機ELディスプレイ」だ。現在の湿度や水の残量、風力やモードなどがここに表示される。ディスプレイに向かって水を注がせるというのが、また遊び心をくすぐってくれる。ちなみに、水を注いでいる時もこのLEDにどのぐらい注がれたのかが表示される。
操作は上部を囲っているパーツがボタンになっていて、押したりなぞったりして使うことができる。ちょっと言葉では説明しにくいので、動画を見てもらったほうがよいだろう。

動画内でも紹介されているが、「Rain」はWi-Fi機能も搭載している。外出先からスマートフォンで部屋の状態を確認したり、スイッチのオン・オフを入れたりといったことが可能だ。

Swipe_12-1
バルミューダ Rain(レイン)ERN-1000UA-WK(ホワイト)
BALMUDA
売り上げランキング: 3,106

そして、もう1つ紹介した商品が「BALMUDA AirEngine」だ。こちらは名称から想像しやすいと思うが、空気清浄機だ。

Swipe_01

こちらの製品もシンプルで他にないデザイン。大きさは高さ70cm、幅25cm。ちょうどA4サイズの面積なんだそうだ。

Swipe_03

吸引力に自信があるようで、コピーも「これまでで、最も強力に空気を吸引する空気清浄機」となっている。動画をみるとやたらと凄そうだ。

花粉対応力にも自信があるらしく、5分間で他社製品の約5倍の量を吸引できるというデータを公開している

いかがだっただろうか。バルミューダは会社の理念を「最小で最大を」としているようで、確かにそれを体現する製品となっている。
ちなみにこの会社が大きく成長するきっかけとなった商品はGreenFanという扇風機なんだそうだ。この他にもヒーターを発売している。

バルミューダ、是非これからもチェックしておきたいメーカーだ。今後の製品にも期待したい。
バルミューダ
http://www.balmuda.com/

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。