iPhone 4 発売は6月24日!iPhone ではじまりiPhoneに終わったWWDC10まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間5月8日の午前2時に行われたWWDCの基調講演はiPhoneメインどころか、iPhoneの話題だけで終了した。

正式名称はiPhone 4。日本での発売は6月24日。予約は6月15日に開始する。
なんと最初に発売される5カ国に日本が選ばれた。
また、新しいiPhone OSとなるiOS4は6月21日にiPhone3GS、3G、iPod Touch(第1世代を除く)にて無料でアップグレードができる。
(ただし、iPhone 3GS以外はフル機能ではない)

新しいiPhoneの特徴を紹介

ある程度情報はあったものの、改めて発表されるとかなりのグレードアップぶりで、他の追随をゆるさない出来栄えだ。

注目のデザイン

デザインは、先日GIZMODOによってリークされたものと同一。ただし、黒と白の2カラーが用意された。iPhone 3GSより24%薄い9.3mm。
全面と背面のガラスはかなりの強度らしい。

美しくなったディスプレイ

ディスプレイサイズは3.5インチと3GSと同サイズのままとなったが、iPhone3GSの4倍の解像度をRetinaディスプレイにより実現した。
その美しさをかなりの時間を割いて説明していたので、相当な自信なのだろう。

  • 3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ
  • 960×640ピクセル 解像度326ppi
  • 800:1コントラスト比(標準)
  • 耐指紋性撥油コーティング(両面)

2つのカメラが搭載+ビデオ通話機能「FaceTIme」搭載+HDビデオ撮影

フロントカメラが追加され、iPhone 4には2つのカメラが搭載された。
カメラはボタン1つで表示を切り替えることが可能になるとのこと。
カメラの機能は以下の通り。

  • 5Mピクセルカメラ
  • 5倍デジタルズーム機能
  • HDビデオ(720p HD 最大30fps)
  • LEDフラッシュ搭載
  • ビデオ通話「FaceTIme」(2010年中はWiFiのみで使用可能)

さらにiMovie for iPhoneが登場し、iPhoneだけで動画編集が可能になる。
ビデオ通話は2010年中はWiFiのみに絞られるが、2011年以降は未定とのこと。

バッテリー性能が40%向上

バッテリーのサイズが大きくなり、バッテリーが3GSに比べて40%向上したとのこと。

  • 通話時間:3Gで最大7時間 連続待受時間:最大300時間
  • インターネット利用:3Gで最大6時間 Wi-Fiで最大9時間
  • ビデオ再生:最大10時間
  • オーディオ再生:最大40時間

iBooks

  • iPhoneに対応
  • 新バージョンでPDFに対応。(iBooksとは異なる書庫に格納)
  • ノート機能を追加
  • 一冊買えば iPad、iPhone、iPod touchにダウンロード可。追加費用は不要
  • さらにブックマークや注釈も同期可能

その他

  • 端末の回転速度を計測できる「3軸ジャイロスコープ」を新たに搭載
  • Safariの検索はGoogleとBingが選べるように
  • 今回は純正ケースを用意(グレー、ピンク、オレンジ、黄緑、水色)

USTREAMは中継が乱立したためか、途中後から参加するユーザーは閲覧不能に

日本でも多くの実況中継が企画され、UST配信されたわけだがWWDCが始まって1時間もしないうちに、閲覧中のユーザー以外がアクセスできない状態が続いた。
iPhone OS 4.0の実況中継で2500人の同時視聴者を呼びこんだ、中学生iPhoneアプリ開発者の@tehutehuapple の番組にこの日は最も多くの視聴者が訪れ、最高時で7000人を超える同時視聴者数だった。しかしUSTREAMの不調により、一気に5000人に減ってしまうような不安定な状態となった。
基調講演の中でiPad発売時のApple Store銀座が報道された様子を紹介する一幕もあった。

iPhone 4はかなりのフルスペックを搭載した感があり、iPhoneがさらに手放せないものになりそうだ。
私はいまだに3Gを利用している為、本当にこの日を待ち望んでいた。ちょうど2年が経過するのですかさずゲットしたいと思う。

iPhone 4 (アップル公式)
当日のKeynoteの動画はこちらで見れます。
http://events.apple.com.edgesuite.net/1006ad9g4hjk/event/index.html

share post to:
Author
Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。